珈琲艇

珈琲艇 2017-4-30_1



珈琲艇 2017-4-30_2



珈琲艇 2017-4-30_3



珈琲艇 2017-4-30_4



珈琲艇 2017-4-30_5


珈琲艇キャビン

大阪市西区南堀江1-4-10
四つ橋筋と道頓堀川の交差、北東角







モーニング喫茶リヨン

モーニング喫茶リヨン 2016-11-30_1

名古屋駅近くにある喫茶リヨンへ。

モーニング喫茶リヨン 2016-11-30_2

フルタイムモーニング?!

通常のモーニングもあるけど、お得感のあるこちらに心奪われて注文。

モーニング喫茶リヨン 2016-11-30_3

飲物の料金で色々選べて、ホット&小倉あんプレスサンドで410円!おかきピー付き♪

ちょっとした幸福感を味わえたのでした。

モーニング喫茶リヨン 2016-11-30_4

リヨン

名古屋市中村区名駅南1-24-21 三井ビル別館B1
8時~18時
無休

モーニング喫茶リヨン 2016-11-30_5







どんぐりと ちびっこひろば

どんぐりと、ちびっこ広場 2016-3-13,

京都烏丸通沿いにある喫茶どんぐり。

名前のイメージと違って渋い、とても居心地のよいお店です。
壁の色も照明も暗い中、窓から差し込む光がやさしくて。

どんぐりと、ちびっこ広場 2016-3-13,,

喫茶どんぐり
京都市中京区少将井町250 ビルHANA 1F奥
地下鉄烏丸線丸太町駅からすぐ



このあと運動がてらに平安神宮まで歩きました。

どんぐりと、ちびっこ広場 2016-3-13,,,

ちびっこの広場発見!(^^)


どんぐりと、ちびっこ広場 2016-3-13,,,,

途中家具屋通りに建具屋さんがあったり、

またゆっくり来たい場所です。







ホープ洋装店

夜なお茶 2014-12-5,




夜なお茶 2014-12-5,,




夜なお茶 2014-12-5,,,

夜お茶OK 落ち着く良いお店です。
ミラーボールが回って、80年代中心の音楽が流れてました。
洋装店という名前だけどカフェなのです。
神戸元町駅西口から歩いて3分ほど。

パーラー ホープ洋装店

夜なお茶 2014-12-5,,,,







=================================================================


マゴットさんとこで最後の公開展示会に出させてもらってます。

『GRD展』
gallery maggot 







昼下りをラテ・アートで

昼下りをラテ・アートで 2014-5-16,

ゆげさんとこのカフェ・ラテ
なめらかな曲線美にうっとり


昼下りをラテ・アートで 2014-5-16,,


ゆげ焙煎所
西宮市櫨塚町3-10 西宝ビル1F
TEL 0798-20-8301

市役所通りを北へJR超えて
左手にファミマが見えたら道路反対側のお店

基本は珈琲の焙煎豆販売だけれどテーブル席もあります
日替わりのスペシャリティーコーヒー 300円(カフェ・ラテ320円)
コーヒーオイルの甘味が引き立つフレンチプレス仕立て

味よしセンスよし 癒し系の店主さんにいうことなしです







深煎りにも程がある

深煎りにも程がある 2014-3-31


『濃い目なんですよ』
黒門市場にある伊吹珈琲店で、ウエイトレスの女性が少々苦笑いで運んでくれた。
見た目にも真っ黒な珈琲に角砂糖が二個もついている。

こちらは、濃い珈琲で有名な丸福珈琲店から分かれたお店とのこと。
普段珈琲はブラックで、丸福のはかなり濃い目でもギリギリ飲める。

そんなんで、はじめから角砂糖がふたつって、、と思いながら飲んだら・・
うーわ!!めっちゃくっちゃ濃っっっ!!!
素直にふたつ入れてようやく飲めました。
いや、美味しいんですよ。ただ私的にはブラックではちょいと無理。

ワッフルも昔ながらのいい感じで美味しい。
お店は千日前の丸福同様、ディープな雰囲気でgoodです。










山の茶屋

山の茶屋 2014-3-30,


窓辺の陽射しと薪ストーブが春先にあたたか


山の茶屋 2014-3-30,,

『グーテン ターク』
甲山(かぶとやま)のとちゅう
ログハウスの茶店

10:00~17:30(木金定休)
兵庫県西宮市甲山町46
0798-53-2261
阪急甲陽園駅から約2㌔







窓辺に絵本のあるカフェ

窓辺に絵本のあるカフェ 2013-8-13







浅草に行った日

        浅草に行った日 2013-5-12 1


浅草に行った日 2013-5-12 2  浅草に行った日 2013-5-12 3

浅草に行った日 2013-5-12 4  浅草に行った日 2013-5-12 5



        浅草に行った日 2013-5-12 6



浅草に行った日 2013-5-12 7  浅草に行った日 2013-5-12 8

浅草に行った日 2013-5-12 9  浅草に行った日 2013-5-12 10

            浅草の老舗喫茶店『アンヂェラス』  珈琲も、昔ながらのケーキも美味しい。

浅草に行った日 2013-5-12 11  浅草に行った日 2013-5-12 12



        浅草に行った日 2013-5-12 13


東京国立近代美術館を後にして足早に浅草へ。着いた頃には雨も上がり。
1時間ほどの滞在だったけれど、アンヂェラスに寄ってスカイツリーも遠目で見物。
浅草花やしきのローラーコースターにも乗りたかったけど、残念ながら時間切れ。


さよなら東京。
ずっと雨でも楽しかった。

いつかまた。




 -おしまい







観梅記-甲東梅林

ちょうど見頃を迎えた甲東梅林。
こちらの梅は3月13日が散り始め、その4日前に出掛けたときのです。
ピークは過ぎてしまいましたが。

甲東梅林 2013-3-9_1



甲東梅林 2013-3-9_2



甲東梅林 2013-3-9_3



甲東梅林 2013-3-9_4



甲東梅林 2013-3-9_5



甲東梅林 2013-3-9_6

大きな梅林ではありませんが、樹齢100年を超える古木も数多く
早咲から遅咲きまで39品種、約200本の乙な観梅が楽しめます。

甲東梅林 2013-3-9_7



甲東梅林 2013-3-9_8



甲東梅林 2013-3-9_9



甲東梅林 2013-3-9_10



甲東梅林 2013-3-9_11



甲東梅林 2013-3-9_12



甲東梅林 2013-3-9_13



甲東梅林 2013-3-9_14

甲東梅林横にある“花の道”(桜並木通り)の先に、関西学院大学があります。
その関学前にある喫茶“トップ”は、
俳優のトヨエツが関学生時代にバイトしていたお店で知られています。
店内は活気に溢れて、思わぬ喫茶店全盛時代にタイムスリップした感覚。
ひさしぶりにリピートしたくなるお店でした。
いつもは珈琲なんだけど、この日は甘酸っぱいメロンソーダな気分で。

甲東梅林 2013-3-9_15





-観梅記 おしまい







雨降りスイーツ +

雨降りスイーツ+2012-7-7

傘を差すカエルの器にはプリン・ア・ラ・モード。

新作ケーキの試食も勧められて贅沢!

お店は、神戸製菓学校直営のcafe Bene!(カフェベーネ)

リーズナブルなのに飲み物もケーキもとっても美味しい、

店内の雰囲気も接客も清潔感があって、好感度の高いお店です。

神戸は特に珈琲の当たり外れがないと個人的に思います。



スイーツつながりでもういっちょ。

雨降りスイーツ+2012-7-7,

マカロンのお土産-♪ お店はドーチカにある『レオニダス』

実は、マカロンいただくの今回が初めて(!)

ああ、なんと表現してよいのか。。今までありそうでなさそうな?食感で、

じわ~っと味わい深くて、優美に酔いしれるような甘さ。

マカロン人気もうなずける。ちょっとクセになりそうです。







""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

雨も降りすぎなければその風情を楽しむこともできますが、

近年各地で起きている大雨による被害にも胸が痛みます。

今後益々増えていく自然災害のためにも、たいせつな税金を合理的に使って欲しいです。






元町ぶら歩記

お昼どきにCacoとSさんの3人で会ってランチする。

元町さんぽ2012-5-29  元町さんぽ2012-5-29,
みみみさんのココナッツカレーは特にお気に入り。ピクルスも食後のデザートも美味しくて、
何かとセンスのよさを感じるお店です。 みみみ堂

元町さんぽ2012-5-29,,  元町さんぽ2012-5-29,,,
看板のお店は・・奥の階段を上がると素敵な洋服屋さんでびっくり!

        この日コンデジの充電し忘れて携帯撮り。久々に聞くグァシャって音!
        元町さんぽ2012-5-29,,,,
        ブルース・リー世代の代表選手か~(面白すぎやん!) 


元町さんぽ2012-5-29,,,,,  元町さんぽ2012-5-29,,,,,,
北野のお洒落なパン屋さん、サ・マーシュ。
とっても美味しいパンでこちらもおススメ(神戸モスクの斜め向い)

元町さんぽ2012-5-29,,,,,,,  元町さんぽ2012-5-29,,,,,,,,
↑ トアロードにある自動人形制作&ギャラリー いとう工房
なかに入ると時が止まったみたいな不思議空間。作家さん 気さくな方です。

くるくる雑貨店めぐりのあと、高架下のジャズ喫茶ジャヴァに落ち着く。


久々に友人と過ごした休日の街歩き、

おおいに笑って元気をもらったのでした。






お世話になった帽子たちへ

カフェ・ハル

高速神戸線花隈駅の近くにある『カフェ・ハル』

ハルさんが淹れてくれる
香り豊かな珈琲や紅茶でほっこり。

ベイクドチーズケーキもクリームが濃厚で非常に美味しい。
器は棚に並んでいるカップから選んで楽しめる。(モーニング除く)


かつては賑わったこの街も今は静かな佇まいを残している。
お店の扉を開けると一瞬時間が止まったような感覚に陥る。
ハルさんのセンスの良さと人柄がかもしだす空間がとても心地いい。


カフェ・ハル_

お店の2階で帽子の展示即売をしていただいています。
と言っても、新しいものじゃなくて家にあった帽子20数点。
ニット帽やら麦わら帽、ベレー帽etc..

1階で美味しい珈琲を飲んだあとにでも、
ちょっとのぞいてみてください。
本日より10月末迄の予定です。



カフェ・ハル
『USED帽子の即売会』
 素敵なご案内作っていただきました♪

10/8(土)~31(月) ※売切れ次第終了
月~金10~20:00 土日祝10~18:00 水曜休み






保命酒ジェラート&杏仁豆腐のあるお店

azumino


お盆の帰省時に鞆に寄って、
保命酒ジェラートの美味しかったお店を訪ねる。

鞆の入り組んだ路地をウロウロ・・
ちいさな町だからね、すぐに見つかりました。
宮崎駿監督が名付け親の「大正ロマン通り」に面したお店。

二階に上がると、空いていたのは去年と同じ窓辺の席。
紅玉りんごジュースと、保命酒杏仁豆腐が珍しかったので注文。

お店のメニューはどれもやさしい味で美味しかった。
りんごやジェラートは信州の安曇野から取り寄せているそう。

大きなお店じゃないのにゆとりを感じる空間。
真ん中に大きな机があって、
他のテーブルと椅子がバラバラなのもいいな。


はじめて入ったとき、とおい昔に訪れたような気がした。



あずみ野 IN 鞆の浦
福山市鞆町鞆879-1


azumino_






ソワレブルー

ソワレ

河原町に行くとよくソワレに誘われる。
せっかく来たのだからと、いつもその気にさせられる。
お店の外観からは想像できない、あの妖しく美しい蒼の照明に魅せられて。


映画『ラストエンペラー』ではジョアン・チェンが青の空間で阿片を吸う。
ベルトルッチが作り出した官能美の世界。


太陽にあたるのと照明の下とでは、青のイメージってがらっと変わるのね。


ソワレ_   ソワレ__


ちなみに、『ラストエンペラー』のサントラでは教授はもちろんのこと
デヴィッド・バーン作曲のメイン・タイトル・テーマ(B面)がお気に入りです。






お箸でケーキをいただいた日

ぐらぶ


久しぶりに会った友人と心斎橋でランチして、
以前あったカフェを探していたら、行きがかり上路地裏で開店前のバーのオーナに誘われた。

珈琲をリクエストすると、ペットボトル入りの珈琲を鍋に沸かして淹れてくれた。
カフェじゃないからそれしかないみたい。
「向かいのあやしい店のチーズケーキ美味しいで。買ってきてここで食べ。」と言われて素直に買ってきた。
「うちのメニューにはフォークは置いてないねん。」 で、お箸を用意してくれた。笑
珈琲沸かしている間は、「ジュースでも飲んどき。」と出してくれたし、
めちゃめちゃいい人である。

本業は建設業で開店前に少しづつお店を改築中らしく、チェーンソーを動かしながらの談話だった。
路地裏で営業を続けているのはこのお店とあと数軒で空き店舗が目立つ。
「また寄ってな。」そう言って、オーナーはちょっと寂しそうに笑った。


katsui

主役を奪われた“洋食のkatsui”のランチ。
最近はB食が多くて、久々の洋食屋さん。
以前の場所から、堺筋と長堀通から1本入った筋に移転していました。



......................................................................................................................................

健康面ではちょっと恵まれなかったけれど
今年も面白おかしく無事に過ごすことができたことに感謝しています。


どうぞよいお正月が迎えられますように。

そして、来年もよい年でありますように。






吉田山の秋-弐

真如堂
真如堂
河原町から銀閣寺方面の5番バスに乗って、真如堂前で下車。
今回も神楽岡コースから吉田山に向かう。


神楽岡通
神楽岡通りにある坂道
振り向いて大文字山を眺める。大の文字、何とか見えますか。


大正時代の家並
神楽岡通り
大正時代の家並み。


大正時代の家並_
静寂のなか そぞろ歩きのひと おだやかな秋の日に 
この先が吉田山への入口。


茶室跡
茶室の跡地と思われる入口
山中に7つあった茶室は現在2つだそうです。


カフェ茂庵
山頂手前にあるカフェ 茂庵
抹茶ミルクと手づくりクッキーをいただく。
京都は抹茶が美味しいです。


空‐吉田山
空見上げる
下北半島(逆向き!)に陸奥湾・・ん、苦しい。
またはAU(雲の間) もっと苦しい・・。



帰りは吉田神社側から下りて歩きました。
平安神宮から三条通りに出て、ひと気も灯りも少ない高瀬川沿へ。
店の裏側のガラス窓に映る灯りが
さみしいほどの街並みをうっすらと照らし郷愁さえ覚える。


その後にぎやかな祇園界隈を通って河原町へと。




レンピッカ展

Lempicka

美しき挑発
    本能に生きた伝説の画家
「レンピッカ展」

兵庫県立美術館
2010 5/18tue~7/25sun


以前はレンピッカの絵の魅力がよくわからなかった。
Cacoもすわ氏も「いいよ~」って言うもんだから、
じゃあ行ってみようか、って程度に出掛けてみたのだけど、

実際足を運んでみて、こんなにカッコイイ肖像画を遺してもらえたら
なんて幸せなんでしょうねと思いました。

描写が硬質で軽い感じのイメージを抱いていたのは、まったく誤った見解でした。
躍動的でエレガント。色彩感覚のセンスのよさを堪能してきました。
特に娘キゼットを描いた作品は素晴らしいもので、原画を観ることができて本当によかった。


実は、早くから買っていた前売り券2枚を落としてしまい、今回はあきらめて次の機会にと思って
いたら・・プレゼント応募の招待券が当選!! 最終日の4日前に届いて嬉しさもひとしおでした。



ken-bi

美術館 らせん階段




_______________________________________________________________

その後



カフェ サロウでお茶する


sallow
ケーキはしっとりやわらかくて素朴な味わい

sallow-
黒を基調としたシックで洒落た店内
開放感のある大きな窓

sallow--
外観は古民家 このギャップ


_______________________________________________________________


群愛飯店の姉妹店 元町の群愛飲茶でランチする


yamutya_25%
点心の具がごろごろに詰まってぷりっぷり

北野工房のまち Ju-c-100%のジュースをいただく
Ju-c-100_30%
スイカジュースとミックスジュース(試食のおまけ) 



暑かった1日でした。






カプチーノ的せんとくん


「せんとくんカプチーノがあるよ」って京都の友人が教えてくれたので行ってみた(^^
八条側近鉄名店街にある「チャオプレッソ」


アイスカプチーノのほうは
氷が溶けるとせんとくんもふにゃ~



にこっ





潮待ちの港にて



保命酒のジェラートはなめらかでやさしい口あたり。
りんごジュースは5種類のりんごから選べる。
大正モダンが素敵なお店。



あずみ野
鞆町鞆879‐1
11:00~18:00 open




_____________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆映画

『白い町で』
アラン・タネール監督作品

1983 スイス・ポルトガル共同製作
出演 ブルーノ・ガンツ 


『ベルリン・天使の詩』以前の、ブルーノ・ガンツ主演作。
ポルトガルは港町リスボン。時計が逆回りの町で、船員である旅人(主人公)が空白の時間を彷徨う。
何もかも失って最後に帰る場所は・・




十三のねぎ焼きとケーキ


十三の名物店といえば、ねぎ焼きのやまもと。いつも行列のできるお店で知られています。
土曜にmarkunが遊びに来てくれたので久々に行ってみた。店内はカウンター席だけ。以前より増えて広くなっていた。大体お店の外で30分程待って、次に店内に通されると10人ほどが食事中の客の背後でやはり30分ほど待つ。昔からやまもとはこのスタイルなので、皆気にせずビールを飲んだりして食事を楽しむ。

この日はお昼だったので待ち時間も少なくて済んだみたい。これでもかというくらい放り込まれていたネギは少なくなっていた。いい時代に美味しかったお店は、現状どこも仕方ないのかも知れないけれど。でも、もうひとつのやまもとの名物、素晴らしい連携で仕事をこなしていたベテランスタッフの姿がなかったのはさみしい。



リニューアルしたハンブルグでお茶する。おまけのケーキ付き!




markunが編んでくれた食器洗い用。
形も配色もかわいくてお気に入り。




上がって下がって東入る西入る

幼なじみと烏丸で落ち合い、伊右衛門サロンでランチをしようと三条に向かう。
歩いていると、上がって~下がってと友人が普通に話すのが面白い。地元だけあって、さすが板についている。 ※上がる下がるは南北の通りで、上がるは北、下がるは南を示す。東入る、西入るは東西の通りを示す。



「素夢子古茶家」でいただいたトングレ茶(日本名=アマドコロ) ほんのり甘く香りのやさしいお茶。
老化防止によいとお店の方談。

伊右衛門サロンの向かいに、気になるお店があったので予定変更して入ってみた。
ドアを開けたら、わぁ~ここはどこだと一瞬タイムスリップした気分に。一見町家かと思いきや、店内はアジアンテイストの家具で統一された空間でとっても居心地のよいお店でした。



薬膳ビビンバを注文。もう少し熱々だとよかったけど美味しかった。薬膳カレーはライスの上に盛りだくさんの野菜。カレールウは薬膳風味で少しビミョウ。


韓国カフェ 素夢子古茶家
トイレは凄~く不思議で雰囲気ありすぎのため、ちょっとだけ心臓に悪いかも知れません。





あとで伊右衛門サロンで抹茶ラテをいただく。水の変わりに出る冷たい緑茶も美味しい!




梟の館



梟の館は、もうずいぶん前になるけれどなぜか関西の朝の情報番組「おはよう朝日です」で紹介されいた。以来ずっと思慕の念を抱いていて、今では尾道でお気に入りのお店となりました。早いめの時間に行くと静かな時間を過ごせる。厨房からきこえてくる湯の沸く音や珈琲を淹れる音、程よい音量で流れてくるジャズの音楽。この日はメジロのさえずりも聞こえてきました。縁側の席から尾道水道を眺めて過ごすゆとりの時間。慣れ親しんだ景色は尾道であって尾道でない。そんな錯覚に陥る。




お店を出たところ。夏は来たことないけれど汗だくになること間違いなし。


もう少し下りたところで見上げてみる

ちょうどこの位置から見えるロープウェイ 春には千光寺の桜がきれいでしょうね



梟の館





尾道でつながる



尾道 ハライソ珈琲にて
魔法ロバ、浮かぶ」 白水麻耶子展
2009年12月2日~2010年1月12日1月末迄期間延期

たまたまエキサイトで白水さんのブログを知って、幻想的な世界に魅了される。
広い日本で偶然にも尾道在住の方で地元で個展があるという。
ならば行くしかないと、お正月明けの連休に凝りもせず18切符の旅に出る。



原画を見ることができて本当によかった。とてもきれいな色彩。
深い深い蒼色。この宇宙のどこかにあるかも知れない世界。
見つけることができるならばいつか行ってみよう。

空間に立体やオブジェもあって、なんともかわいい。
店内の壁画も手掛けておられます。



白水さんの手づくりカレー(ハタつき)を食べる目的で行きましたが、13時開店だったのでそれまでお腹がもたず。記念に旗をいただきました。

今回、尾道に縁のあるBoさんを誘っての旅。ハライソ珈琲に行ったことで、お知り合いの方々が一本につながっていることが後で分かって、不思議やねぇと話す。そのひとつのお店“YES。”は、屋上にハンモックがあって夏の夕暮れに静かに揺られて涼みたいものです。

美味しいパン屋さんの情報は、次回の楽しみにとっておきます。


時間の限られたローカルな日帰り旅。
あんまり欲張らないほうがいいなぁと実感。




カール・フィリップ・エマヌエルの窓辺


マサラチャイ



クラシック音楽が静かに流れ
     個性的で趣味のよいアンティーク品が販売されている。
     椅子は神戸のカフェでは珍しくない
     実際に教会で使われていたものを使用。
     
     雰囲気がよくていい時間を過ごせるお店ですが
     年内に閉店と聞いて残念です。
     ※追記※閉店変更して同じ場所で営業されているそうです。
     

CARL PHILIPP EMANUEL
神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング2F奥




梅田の地下街に赤い扉は目立たなかった



山ちゃんとお昼を食べたあとホワイティ梅田の(旧梅地下!)メアリルボーンへ行く。
お茶とシフォンケーキのセットにしたら、きめ細やかなパンのような食感で二人ともちょっと物足りなかった。

「時間戻してもう一回お店に入って注文したいよな。」
「で、また同じケーキ注文して同じこと言うねん。」
ぷっ三回くらい繰り返すのかな。



この赤い扉を見て「あとで行こ」と言ったはずなのに、三番街方面or泉の広場方面を行ったり来たりして
ようやく辿り着く。メアリルボーンの赤い扉も入り組んだ梅田の地下街では溶け込んでしまう?
ちなみに言えば、お店は泉の広場手前にありますが西梅田店のほうが広くて落ち着けます。




中崎町で過ごした夜







コンフィデンスカフェ
ukuさんの個展最終日の夜。
お会いできて嬉しかった。
そして楽しかった。

「番長カレー」
ukuさんは「納豆カレー番長」を連食。




たとえ写真だけでも、
チャーちゃんのことずっと忘れません。




今日という日の終わりに



いつも洒落っ気のない首にかけてみる
手づくりのガラス製は深海をイメージした蒼色

  

天六(天神橋筋六丁目)のアルション
ペーシュ(桃)の紅茶と甘酸っぱいさくらんぼショコラ
アルションのケーキは甘すぎず口当たりが上品です

あ ネームチップがこっち向いてなくてケーキフィルム外すの忘れてました


梅雨明けもまだ でも昨日は淀川でトンボ見かけました
もうすぐ八月 立秋も間近です




甘い生活は続く





千里山にある、フルーツカフェTOOBOO
カップはプリンアラモード。
プレートのタルトは、フルーツがゼラチンやナパージュでコーティングされてなくて、
ブルーベリー本来の味が美味しい。他に100%フレッシュジュースも(延々と・・)




ぶらり歩記(aruki)


markunと梅田のサンミでランチ。玄米カレーを注文したらレン
コンが刺さってた(笑)よいお味。食後にココリコのケーキが食べ
たくなって三番街へ。むむ期待を裏切らない定番の味が「普通」
になってる。いつからだ? (※店名が変わっていました)

    

身体に良いことのひとつ
友人と会っていっぱいしゃべってあとは気持ちよくなる。



_______________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆絵本

「ZOOM」

【著者】イシュトバン・バンニャイ
【発行】ブッキング

始まりは鶏冠の一部分。頁をめくるたびに展開されるズーム・アウトの
世界が、次にはズーム・インになってそれを見ているという不思議な絵
本。文章はナシ。どんどん魅せられてしまう一冊。