花であるように

石井さんは最近どうしてはるんかなぁ・・
などと思っていたら案内状が届いて、早速初日に行ってきました。

ギャラリー島田の地下ギャラリー入口

花であるように 2014-3-30,

残念ながら石井さんは入院中でお会いできませんでした。
iPadが置いてあって、ギャラリーの方に『どうぞ(石井さんと)ご自由にお話ください』って言われたけど
いやあ、、ちょっと照れくさくてお断りしてしまいました。

石井誠展
ギャラリー島田B1F
2014年2月22日(土)~3月5日(水)

花であるように 2014-3-30,,

今回は過去の受賞作品や大型作品などの展示があり、なんとも贅沢な鑑賞ができました。

私がもっとも心が動いた瞬間は、入院先の北海道から空輸で送られてきた
便箋に書かれたご本人の直筆を眼にしたときです。
たとえこの場所にいなくても、その人の思いや気もちというのはこうして文字にふれるだけで、
じゅうぶんすぎるほどに伝わってくるんだなあと思ったのです。

石井さんの作品で、『花』という一文字の書がいちばん好きです。
花が花であるように、そしてそれ以外なにものでもない
いつでも潔くカッコイイ『花』なのです。











花であるように 2014-3-30,,,







石井誠展

石井誠展 2013-6-1kobe,


石井誠展 2013-6-1kobe,,


石井誠展 2013-6-1kobe,,,


石井誠展 2013-6-1kobe,,,,


石井誠展 2013-6-1kobe,,,,,


昨年秋から筋ジストロフィーの進行による呼吸障害が著しく、
入退院を繰り返し、もう二度と筆は持てないと諦めた。
これは私にとって「死」を意味する。
しかし、「表現したい」、「書かずにはいられない」という気持ちが私を支え、
右手は意思をもっているかのごとく空書していた。
今年に入り仕上げた絵画は50作以上、先月半年ぶりに大筆で超大作を仕上げた。
筆を持つ喜び、万感が胸に込み上げてきた。

本展は私にとっての今、そして・・・ここからという思いが凝縮されている。

「いきよ いきよ・・・いきてこそ」なのだ。


-石井誠展DMより引用-

※画像は石井さんご本人にご了解いただき撮影しました。



石井誠展

アートスペースかおる
2013/6/1(土)~3(月)、8(土)~10(月)
11時~18時(最終日17時)



命のすべてを叩きつけたような書。このエネルギーは一体どこから湧いてくるのかといつも圧倒されます。
それとは別に、空白の美しさを感じる作品にも惹かれます。
石井さんの作品は他の方には書けないもの。作品と生き様は一体となって生まれてきているようです。







散りゆく花

holoholo

書道家 石井誠「生」展
絵本カフェ holoholo にて
店内に無数の「花」が咲いていました。


同時開催の BOOK&CAFE 8½ では、縦1.5m×横4mの大作が展示されています。

力強い石井さんの作品をぜひご覧になってください。
なんば駅から徒歩5分、各店舗間は徒歩1分で移動できます。

2012年2月8日~3月5日(月)【両店舗共通】

holoholo,


holoholo,,   holoholo,,,


holoholo,,,,