秋ひとひら

hitohira


hitohira_


風に舞う






______________________________________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆本

『映像から音を削る』
武満徹 映画エッセイ集

武満徹

清流出版株式会社


書店で偶然であった愛すべき一冊。
本の帯に書かれた4人の映画監督の名前に釘付け。
私が最も敬愛するフェリーニ、タルコフスキー、アンゲロプロスの3人
+ヴェンダース。
揃いも揃って同じだなんて大感激(TT)
タルコフスキーの映画評論には、
必ず武満さんの名前がでてくるしね。

秋の夜長を満喫しながら読むんだ~
(多分5分で寝る・・)






森のなかの木

8-10





_________________________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆絵本

「おおきな木」
book28%
シェル・シルヴァスタイン / 作 絵
ほんだ きんいちろう / 訳
篠崎書林 / 発行


ちびっこはおとなになって
木と遊んだ日々を忘れていく

木はいつでも
ちびっこが望むことを与えて
やがて切り株となってしまう

それでも木は
ちびっこが来てくれることがうれしかった



そんな
りんごの木の おはなし




終わらぬトークショー




昨夜、スタンダードブックストアのカフェスペースで行われた
菊地成孔さんのトークショー&サイン会(無料!)の様子。
kanzw君から嬉しい情報をもらって一緒に行ってきました。

サービス精神旺盛で、何とまあ情報量の多いトークが延々と続く。(ほとんど枝分かれ状態)
先行発売のCDにサインしていただいて、写真撮影も快くOK-☆
私の前に並んでいた人は、撮り直しも含めて5回も!お願いしていましたが、
嫌な顔など全然見せない菊地さんでした。私は貴重なこの一枚。

サイン用に名前を聞かれて、でも「hide」って・・全然ちがう名前になってる~w
「Xジャパンのヒデということで」と、ペンでくるりと囲って菊地さん流の笑いをとる。
その下に、私の名前もちゃんと書いていただきました。

菊地さんのお話はとっても刺激になったし、とにかく気分がよかった!





kanzw君は、6月にひと月だけの仕事先で知り合った20代の男性。
話のきっかけは、なぜか「ジーン・シモンズ」。
おまけに「ブリジット・フォンテーヌとタルコフスキーが好き」という共通点。
菊地成孔のファンだと話すと、「ちょうど菊地さんの本を読んでいる最中」と
ちょっとした驚きの連続。自分と趣味の合う人ってそういないので、
(Cacoとすわやまさんと3人目)貴重な出会いとなりました。

ブックスペースのほうもかなり面白そう♪



スタンダードブックストア




ぶらり歩記(aruki)


markunと梅田のサンミでランチ。玄米カレーを注文したらレン
コンが刺さってた(笑)よいお味。食後にココリコのケーキが食べ
たくなって三番街へ。むむ期待を裏切らない定番の味が「普通」
になってる。いつからだ? (※店名が変わっていました)

    

身体に良いことのひとつ
友人と会っていっぱいしゃべってあとは気持ちよくなる。



_______________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆絵本

「ZOOM」

【著者】イシュトバン・バンニャイ
【発行】ブッキング

始まりは鶏冠の一部分。頁をめくるたびに展開されるズーム・アウトの
世界が、次にはズーム・インになってそれを見ているという不思議な絵
本。文章はナシ。どんどん魅せられてしまう一冊。






太陽はまた沈む








_____________________________________

 太陽つながり
 Stuff that I like
 ◇◆雑誌

「太陽


雑誌とはいえ捨て難い。
もっといっぱい買っておけばよかった。
欲しいナンバーは、やっぱり売り切れ。
(2000年12月号で廃刊)

後方は現在も刊行中の「別冊太陽」