8 1/2 はっかにぶんのいち

『8 1/2』
フェリーニ映画の中で、もっとも回数観た作品。

80年代は、映画サークルの自主上映が盛んだった頃で、
情報誌のLマガや〝ぷがじゃ〟(なつかしい)でチェックしては、
遠くの場所でもせっせと足を運んだものです。

映画の撮れなくなった映画監督の苦悩を、フェリーニ自身に置き換えた自伝的映画。
家族の愛に包まれた幼少時代と、スキャンダラスな現在の自分とのギャップに苦しみながら
次第に、過去と現在そして夢と現実が交錯した世界へと迷い込んでいく。
前衛的で大胆かつイマジネーションな映像は、ニーノ・ロータの音楽によって最大限に引き出さ
れる。
フェリーニとロータの名コンビが生んだモノクロ映画の傑作。

もしも足長おじさんが現われて、
「なんでもすきなように映画を撮ってごらん。」と言われたら、
フェリーニの他に、アンドレィ・タルコフスキーやテオ・アンゲロプロスみたいな映画を撮ってみたい。
それは、ちょっとした妄想の話。
フェリーニは「映像の魔術師」。タルコフスキーとアンゲロプロスは、それぞれ「映像の詩人」と呼ばれた映画監督。

『8 1/2』の公式名は、『はっかにぶんのいち』。
数学の帯分数はこの読み方で習いました。
ところが、友人で3つ年下のCacoは、「はちとにぶんのいち」と読んだ。
ちょうど二人の年齢差が、学校で教え方が変わる境目だったと思われます。
「はっか(8箇)1/2」ではなく「はちと(8&)1/2」。一文字違うだけですごい違和感でした。
けれど、フェリーニの映画は『はっかにぶんのいち』。これからも変わりません。


フェデリコ・フェリーニ

 1993年10月31日逝去
 フェリーニの亡骸は、国葬によって母国イタリアの人達に送られました。
 初期の代表作『道』のジェルソミーナ、妻であるジュリエッタ・マシーナが亡くなったのは、それから
 わずか5箇月余りのこと。


「8 1/2」(1963) 伊・仏合作
  
監督 フェデリコ・フェリーニ
音楽 ニーノ・ロータ
出演 マルチェロ・マストロヤンニ
    アヌーク・エーメ 他






堂島に咲くコスモス








夏のなごり



同時に抜け出たのかな
めぐりあわせって
生まれる前からきまっているんだって
きっと
またどこかで会えるよ


蝉の抜け殻に出遭ったのは昨日

雨風にさらされて
ずっとここにいたというの?






川面の浮き草

去年撮影の大川に浮くウォーターレタス。
数年前から大量に繁殖しています。
今年はたまたまなのか、まだ見かけず。

毛馬橋より、遠くに見えるは 毛馬の水門と閘門


中之島でも。


清掃艇の方々も大変です。



ウォーターレタスの増殖によって、
水の中に光が入らなくなり、酸素が供給されず
川に生息する魚や貝が酸欠状態になって死滅してしまうという。

日常生活においても、自然のことは先に考えていきたい所存です。






くるみの木とよもぎ餅


カフェと雑貨のお店
「くるみの木」
にやって来ました。
JRまたは近鉄奈良駅からバスに乗って、
「教育大付属中学校前」下車。徒歩3分ほどです。



ランチをいただきました。(要予約)
あと、にゅうめんの汁物と串揚げがつきます。


そして、奈良といえば有名な中谷堂の高速餅つき。
まだ御覧になっていない方は、
中谷堂HP の下のほうにあるムービーをクリックしてみてください。
その場でつきたてのよもぎ餅をいただきます。
やわらかくってとても美味しいです。




ひこうき雲










帰り道



大阪駅前第1ビル~第4ビル周辺

各ビル地下街では、格安チケットが買えるお店が点在します。
今日買ったのは、
JR大阪~JR奈良 通常料金片道780円が600円。
奈良までは、普通切符の取扱いのみ。
普通切符は、曜日&時間に関係なくいつでも終日利用可。

◇他の例
JR昼特切符(平日は10:00~17:00 土日祝は終日利用可)
大阪~三ノ宮 片道390円→240円

阪急の土日切符(土日祝のみ終日利用可)
梅田~三宮   片道310円→240円
梅田~河原町 片道390円→280円

※現在の価格。お店によって多少違います。
  他の電車や切符の種類もありますが、いま分かる範囲で。




色づく秋



いち早く色づいて、

これから秋が深まっていくよって教えてくれた。

タイル貼りの外壁





陽当たり良好


にゃーの日光浴


ま・まぶしい


にゃーは、
いつもにゃーにゃー鳴きながら寄ってくるので、
私が呼んでいた猫の名前。

京阪中之島線


昨日19日、京阪電車中之島線が開業しました。ぱちぱち♪

なにわ橋駅。


簡素だけれどユニークな駅舎。


目の前は中央公会堂。

(この2枚だけ先日撮ったので、やたらと青空)


次の大江橋駅は、
大阪市役所より御堂筋はさんで向かい側。


木目調で全然ちがう駅の雰囲気。
やっぱりユニークだ。


京阪中之島線

太陽はまた沈む








_____________________________________

 太陽つながり
 Stuff that I like
 ◇◆雑誌

「太陽


雑誌とはいえ捨て難い。
もっといっぱい買っておけばよかった。
欲しいナンバーは、やっぱり売り切れ。
(2000年12月号で廃刊)

後方は現在も刊行中の「別冊太陽」

月なのです


遠くの夜景


阪急電車が走る
手前はテールライトの残像
            

満月から少し欠けていました。
10月もきれいなお月様が見られますね。
下弦の月は21日21時前後らしいです。






分かれ道



進む道は

  いつもひとつ






おーい秋



天高く馬肥ゆる秋






十三


十三駅西口にある波平通り
照明でとんでいますが、右上の黄色いのは鉄腕波平。
サザエさんのお父さん波平の顔と、鉄腕アトムが合体したマスコット。


同じく西口降りてすぐ

ションベン横丁



いずれも十三らしい場所で、
連日多くの人でにぎわっています。






空から降りてゆく



背中に受けて行く人と

眺めながら帰る人あり






黒壁



中央区北浜




_____________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆今日の音楽

マヌ・チャオ / ラ・ラディオリーナ

NCL2 68496
NACIONAL RECORDS

昨年、CDショップで流れていて即買い。
レゲエ、キューバ音楽、ロック、etc..
色んな音がミックスされてるけどやたらといい。
めちゃお買得な1枚でした。






入り日影


堂島川に映る いりひかげ
鉾流橋より



鉾流橋(ほこながしばし)の由来

  天神祭宵宮に「鉾流しの神事」が、
  現在も鉾流橋のたもとで行われている。






傾いています



電信柱が

これくらい


他所で45度に傾いた電信柱を見かけたときは、
何か意図があるのかと思いましたが、
多くは地盤の関係で自然に傾いたものと思われます。






いい役者で終わりたい

俳優の緒形拳さんが、10月5日に亡くなられました。
享年71

言葉静かであまり自分のことを騒がず、
それでいて、ウイットに富んだ会話がとても魅力的な人でした。



「復讐するは我にあり」(1979/監督 今村昌平)
緒形拳が演じたのは、
実際にあった凶悪な殺人事件の犯人役。
なぜ犯行を繰り返すのか、
当時まだ若かった自分にはとてもあいまいで不可思議に映りました。
そんな犯人の心理描写を見事に演じていました。


「鬼畜」(1978/監督 野村芳太郎)
妻と愛人とその子供たちの間で揺れ動く男の役。
愛人の子を手にかけようとしてその子供が助けられたとき、
緒形拳扮する父に向かって、
「お父ちゃんじゃない、知らない人だ」と何度も言い張る場面。
子役と緒形拳の演技、もう絶妙でした。


「砂の器」(1974/監督 野村芳太郎)
 ◆◇ニュープリント版で再上映 - 2005年7月梅田松竹



ハンセン氏病の根深さと、
ある他殺事件の捜査が絡み合う複雑な内容。
駐在所の巡査役で登場した場面では、
映画のなかでも別の空間を作り上げていた。
これは、
どんな重厚な映画でも力の抜き加減がうまい、
緒形拳の独特のキャラクターからなるものではないでしょうか。




「主役とか脇役とか関係なく、
いきいきと輝いているというか
つやっぽさを失いたくない。
地味だけどいい役者だね。
そんなふうに言われる仕事がしたい。」

生前、TVのインタビューで答えていた緒形拳さんの言葉。


  「立派な役者ってよりも
    いい役者で終わりたいなぁ」


その言葉どおり
実にいい役者だった。
そして、
本当に俳優人生に幕を下ろしてしまった。


安らかに眠ってください。
心よりご冥福をお祈りいたします。

ベノアのスコーン&クロテッドクリーム

毎年この時期、阪急の英国フェアが楽しみです。
今朝、TVの情報番組で紹介されていて慌てて行きました。

 
「ベノア」のスコーン。プレーンと紅茶(右)。
今回はベノアのストロベリージャムをつけて。

スコーンは、食べると口の中がもさもさして苦手でしたが、
ベノアのスコーンはしっとりして、とても美味しい。
食べている最中も、ぼろぼろ落ちません。
そして、
クロテッドクリームをつけると更に美味しさが倍増します。
とにかく人気商品で、残念ながら今回は完売。

紅茶は、
マックウッズのオレンジペコ。
まろやかで飲みやすく、
しばらくおいても渋みがあまりでません。
ストレートで飲むときによいです。
(しかし、この画は珈琲みたいですね~;)

食べ物の他にも、マフラーや帽子etc
色彩感覚が日本のものとはちがって素敵です。


阪急うめだ本店 英国フェア2008
明日10月7日(火)最終日 18:00まで
7階催場







mismatch








風のいたずら



かさこそと
音をたてているのはだれ

待っていて
いま扉を開けるから






青空10月

昼休み
せっせと梅田まで出張


左右のカラフルな看板はパーキング


ビルの上でよく見かけるクレーン機


ピアスタワーは総ガラス張り


ビルの正面入口

青空の日、必ずきれいに撮れるとは限りませんね。
「光」にいつも手こずっています。


シャドーがきれいだったのは青空の日のおかげ?
光と影、もっとうまくこなせればいいんですよね。