秋の雲に乗って

秋の空 雲に乗れたら どこへいく



雲に乗れたら 雲の上から 秋の空を眺めて過ごす



友人のくまごろうにメールを送ったら、
そのひとらしい返信がきた。
あ、こういう発想もいいな。

「細く長くでええんやして」
年齢差23の友人。長くつきあえそうな気がすると言ってくれた。
来年入籍するそうで、
おめでとうのメッセージ。

そして、他にもエールを送りたいひとがいます。
がんばれ~!


秋のおわりに






御堂筋の公衆電話





携帯電話の普及でめっきりと減った公衆電話。
ビジネス街においてはまだまだ需要があるようで、
3台並んだ姿も数箇所に見られます。
使いかけや未使用のテレカ、探せばまだ家にあります。






琵琶湖疏水-南禅寺に着いたら暗かった


山道脇の疎水とともに歩く
こちらは貯水池


左にさわさわ流れる疎水 右は絶壁(山肌)
細い道なのですれ違うときむっちゃこわい;
かなり高い場所


南禅寺暗いし


ロケにもよく使われる有名な水路閣
向こうは南禅院(山門から奥側)
水路閣の上部に疎水が流れています



◇後記-行き帰り◇

淀屋橋から京阪電車で三条まで。
特急電車が遅れていたようで、「座席シートの入れ替えはしません」のアナウンスですぐに発車。
ずっと逆走の景色を眺める。アバウトだ。
途中、伏見稲荷の駅周辺が江ノ電みたいでそそられる。また鎌倉に行きたいなあ。
三条から蹴上まで徒歩。地下鉄だと東山の次の駅。

帰り
車内はかなり混雑。
枚方で席が空き、座ったら眠気が。
「きょうばし~」淀屋橋までもうすぐやわぁ。。
くか~
すぴすぴ。。

「つぎはひらかた~」
がばっ!
『・・・』
ガックリ。。
枚方駅でドアが開くと、寝ぼけた頭のまま向かいの電車に飛び乗る。
向かいの電車・・まてまて、
「出町柳行き」
また京都に行くところだった!

「けいはん乗る人おけいはん」でお馴染みの、京阪電車のCMが頭をよぎる。
おけいはんは、たくさん京阪に乗りました。



琵琶湖疏水編-おわり






琵琶湖疏水-蹴上発電所


関西電力 蹴上水力発電所
現在は無人で送電が行われています。





敷地内の水圧鉄管


会社の20代の女子に「南禅寺に行って」と話すと、
「あのあたり、いいですよね~!」
大きな瞳をきらきら輝かせて即座に返ってきた。
わ、このひと好き!
ぼうっとした似た者同士で気が合う。
南禅寺疎水周辺の話題で、小さく盛り上がっていました。






琵琶湖疏水-蹴上インクライン

インクライン
琵琶湖疏水の大津から宇治川に至る20.2キロの舟運ルートの途中、水路落差のある2カ所に敷設した傾斜鉄道。蹴上(けあげ)インクラインは延長581.8メートルで世界最長。伏見インクラインは延長290.8メートル。1890年代(明治23~)に完成、1940年前後(昭和15前後)に休止。蹴上のみ形態保存。
(京都市観光文化情報システム-HPより引用)


インクライン軌道跡。上に架かる橋は南禅寺橋。


春には満開の桜に包まれる。
映画〝スタンド・バイ・ミー〟のように、線路の上を歩いて
冒険してみたい心理、多かれ少なかれあるような気がします。


当時、この台車に船ごと載せて行き来する様子を見ようと
弁当を持っての見物客で賑わったとか。


けっこう急勾配



紅葉もきれいでお天気に恵まれた休日。
12月の頃はいっそう素敵でしょうね。






琵琶湖疏水-ねじりまんぽ












ねじりまんぽはこのトンネルの通称で、
内側はかなりねじれてます。

トンネルを抜けて疎水散策~南禅寺へ。



京都市左京区






川を渡る舟



行く手はまっすぐ
舟を漕ぎ出そう
航路を阻むものは何もない

ゆらり
ゆらり
舟は進む
ときおり滴垂る
水の音を聞きながら


海に帰る





ブログを始めて、
淀川は第二のふるさとのように感じます。






船頭小唄



「船頭小唄」
野口雨情/作詞 中山晋平/作曲 佐藤千夜子/唄

枯れた真菰に 照らしてる
潮来出島の お月さん
わたしゃこれから 利根川の
舟の船頭で 暮らすのよ


「船頭小唄」は大正時代の流行歌ですが、
「枯れ芒」から改題されています。(歌詞は第3番目)
そして現代の淀川。
遠く中央に見えるのは、夕陽に染まったスカイビル。
橋のなかった昔は、右岸と左岸を結ぶ渡しが盛んだったのでしょうね。



十三大橋北詰にある十三渡し跡の石柱(9月5日写)
1878(明治11)年に十三橋(木橋)が完成してから、
渡しは廃止されたそうです。






りんくうタウンの秋



阪神高速道路4号湾岸線






おおきな木



昼の短い季節


正午すぎに






今このとき



淀川堤防



_______________________________

 Stuff that I like
 ◇◆今日の音楽

Carole King / Tapestry

キャロル・キング / つづれおり
20-3P-102(LP)
EPIC・ソニー

来日公演中ということで、
レコードひっぱり出して聴いてます。
(ジャケ、いつもよりきれいに撮れた!)






秋はひとりぼっち




秋はひとりぼっち / ヴィグラスとオズボーン


小学生からラジオを聴きはじめて、
中学に入った頃には、深夜放送にどっぷりつかっていました。
ラジオからこの曲が流れてくると、
嬉しくて一生懸命聴いていました。

いわゆるポップスと呼ばれていた時代の音楽。
落ち葉の季節に、ふたりのハーモニーが心地よく耳に響いてきます。

秋の流れ



10月10日
堂島川より難波橋(なにわばし)を臨む



11月12日
同じ場所にて移ろいゆく秋色






夕日



新十三大橋より



_____________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆今日の音楽

ジョー・サンプル・コレクション / ジョー・サンプル

MVCR-58
(GRD-9658) GRP Records

6枚のアルバムから10選曲、贅沢なベストアルバム。
「カーメル」 「メロディーズ・オブ・ラヴ」 他収録






紅葉してきたよ







3枚目は不思議。樹皮はどう見ても桜なのに、
葉桜の頃のようにいきいき緑色。
またちがう種類なのでしょうね。
枝ぶりもまっすぐ上にのびています。


北区 扇町公園






ワンニャンデー


IVY&NAVYで開催中の、
「あなたのたいせつな家族のパネル展」(HPの〝B1 Space〟をご覧ください。)
一緒に暮らす動物(家族)の写真展です。
猫や犬、うさぎなど。どの動物もとても癒されます。
出展しておられる、とんとんさんがブログでご紹介くださいました。


お店の看板猫スココくんは、地階ギャラリースペースがいつも落ち着かないらしい。
オーナーさんがしっかり抱いてくださいました。ありがとうございました。


スココくん、2Fカフェに上がる階段で大あくび。ねむい~


オーナーさん手作りのニャンクッキー。めちゃかわいい! (袋のまま
手前のにくきゅうクッキーは、
ワンニャンデー(12日)にちなんでいただきました♪
居合わせたお客さんたちと、2時間近く動物の話をして過ごしました。

写真展の詳細は、うめぐみブログでご紹介されています。

西へ



今日もネオン目指して
さぁ帰るぞ~

秋の午後










晴れたらいいね



拝啓 秋冷の候



日毎寒くなってまいりましたね。
そろそろストーブが恋しくなってきました。
夏物を収納したのはつい最近のような気がします。

大阪や、盆地、山の麓、北国、他の地方にお住まいの皆様。
風邪などひかれませぬようお身体ご自愛ください。
また、いつもご訪問くださって感謝申し上げます。




赤川鉄橋

通称「赤川鉄橋」。大好きな橋のひとつ。


淀川の両岸を結ぶこの鉄橋内は、
城東貨物線と人が通れる橋が隣り合わせ。


マラソンをしている人や自転車の往来も多く、
床板のゴトゴトする音が昔懐かしい感じ。


ところどころにガムテープ補修が。
しかも、新しかったり古かったり。
ガムテープ係班がいるのか?!



この珍しい橋の風景が見られるのも後わずかです。
2012年春、「おおさか東線」の全線開業によって、
歩行者用の橋は間もなく撤去され、複線の旅客鉄道となります。

やまぼうし



5月から6月は白い花が咲き、
秋にやまぼうしの赤い実がなった。



_____________________________________ 

山下清の貼り絵画をふと思い出す。
青空に桜がきれいだった。
単一で余分なものがないんです。

 Stuff that I like
 ◇◆貼り絵画

裸の大将 山下清
  その生いたちと作品展


1994年1月2日~16日 天満屋福山店

淀川の風景-朝





昨日今日明日



今日は朝からおかゆだけ。
夕べからえらい目にあって胃の中はからっぽ。

さっき、高校時代の友人からtel[#IMAGE|S62#]があって
共通の友人の息子に子供が産まれる話。
同級生はおばあちゃんが増えてきた。
新しいいのちの誕生と聞いて、明るい気持ちになってきた。

〝食〟は元気の源。
明日に向けてちゃんと食べようっと!
・・松前漬け食べたくなってきた。




大阪城にて

今日は父が来阪。所属している組合の日帰り旅行で今年は大阪です。
母は遠出ができないので代わりに同行。組合員の皆さんと一緒に過ごしました。

大阪城にやってきました。







 if you please