黒猫はラジオのように



黒猫のクロちゃんは穏やかでとってもフレンドリー。
撫でるといつも懐に入ってくるので、じっと抱擁していると
不思議と「ラジオのように」が頭のなかでずっと流れていた。



_____________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆今日の音楽

COMME A LA RADIO /
BRIGITTE FONTAINE,ARESKI ART ENSEMBLE OF CHICAGO

ラジオのように / ブリジット・フォンテーヌ,
アレスキィ アート・アンサンブル・オブ・シカゴ 
YZ-142-SH(LP)

「ラジオのように」 他収録






ひとつ降る



ひと雨ごとに春の訪れ

とは言え、
まだ暫くは寒い日が続きそうです。
目かゆい。






季節の時間帯



陽も沈みかけのころ
今日は水面がきれいでした



こうして
いつもの風景が見られることにしあわせを感じる






ステンドグラス

colored glass








橋脚のライトアップ



夕暮れの淀屋橋

赤や黄、青、紫、緑など多彩に変化してゆきます






路地より春片設けて





*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

今日のおやつ



三星のよいとまけ

ゆのみ(ハスカップ)の実から出来た、甘酸っぱいジャムを
ふんだんに使ったロールケーキ。ふんわりロールはカステラ風。
オブラートで包んであるのはそのままいただきます。
(もったいないので決して剥がしてはなりませぬ)

懐かしい感じのする味わい深い逸品。






樋と竿の額縁庭園








門戸厄神参拝



二月も過ぎてしまいましたが、年明けの慣わしで門戸厄神へ参拝。
32から始まる大厄のとき、友人のお母さんから「厄除けのお札は他人からもらうのがよい」と
いただいたのを機に、毎年参拝するようになりました。


厄年判定プログラム
もあります



神社正門を出てすぐ左手、四国八十八ヶ所巡りへ。
この日は、第二十一番太龍寺まで。(数メートル)
実際の距離は、第一番札所からだと157.4kmらしいです。




帰り道、いかりスーパーに寄るのが至福のとき♪
今はJR大阪駅構内に店舗があるので便利になりました。



粉雪舞う寒い1日でした。
厄は落とせたかな。

レミオロメンの「粉雪」もよい曲だと思います。






長柄橋



アールは
橋の途中からバイパスへ分かれる



淀川に架かる長柄橋は人柱伝説で知られる

左岸は北区本庄東
右岸は東淀川区柴島






天地に気をつけよ



慌て者の自分に言い聞かせる。

「危ないで! 気ぃつけや」と言われた次の瞬間には、
思いっきり頭をぶつけてひっくり返っていた。
おまけに、なぜか唇まで切ってしまった;






Valentine's Day



ラ・ピエール・ブランシュ



 チョコレート販売は期間限定
 (10月から4月上旬迄の予定)






クーちゃん


10w galleryのクーちゃん



  

ギャラリーで開催中の、
中川こうじ写真展「のらねこ。」 
偶然、とんとんさんも来られていてビックリ!
このあと北浜界隈でお茶をしながら、猫談話を楽しみました。






日和



最近、
平日は良いお天気で、休日になると雨がよく降る。
週末に撮影に行く人は「なんでや~」ってぼやく。
雨専門の写真家もいるかも知れませんね。

私は、そんなときにしか味わえない
ハプニングがけっこう楽しかったりするのだけど。




依代











イノダ本店-別館










以前Cacoと来て、その9日後に火事があってびっくり。

焼け跡が更地になったのを見てショックだったけど、

それから1年後に再建して、現在も昔と同じような雰囲気を残す。

「禁煙席」と言えば、洋風建築の別館へ案内してもらえます。

この日は、幼なじみのyoshikoちゃんと。

長居してめいっぱい楽しかったね。

イノダコーヒ 本店






空地



北区の下町にある空き地


奥行き広いなぁ






礼拝堂のカフェ






古いゴシック様式の教会を改築
2Fの礼拝堂が現在のカフェ



フロインドリーブ


パンが美味しい♪






春の間に








余情


夕照


ちょうど雲の位置に日が隠れる


突如あらわれた雲


ズーム 帽子みたい


形が変わる 夕日は雲の後ろにあるまま


入り日








 if you please 

ロゴ画像-復活編








夜道に日は暮れない



帰る夜道にはもう日も暮れる心配はない。

腰を落ち着けてゆっくりと物事をするように勧めるときの言葉。


「Yahoo!辞書 大辞泉 国語辞書」より引用