コンクリートアーチ橋












路傍に咲く








中崎町で過ごした夜







コンフィデンスカフェ
ukuさんの個展最終日の夜。
お会いできて嬉しかった。
そして楽しかった。

「番長カレー」
ukuさんは「納豆カレー番長」を連食。




たとえ写真だけでも、
チャーちゃんのことずっと忘れません。




コスモス畑







ただいま三分咲き




:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

 **辻利の生どら焼き**

濃厚な抹茶クリームと小豆入り。
緑茶といただくと、
抹茶の風味が増して更に美味しいです。
(小豆の量と生地のふんわり感はもぅちょっと)

駅員さんと販売情報のポスターを見ていたら、
一緒にいたフンださんが
「こーゆうことは一生懸命やねっ」と買ってくれた;
ありがとうです。

※阪急梅田駅2F中央改札内にて11月末迄販売 1個315円




再編プロフィール画像 - 街の風景


十三界隈


中之島


扇町公園





夜の彷徨








遮断機のない踏切



十三から西のほうへ行くとやけにローカルな雰囲気で、
ここはほんとに大阪市内なの?と思うほど。
ちいさな踏切がちょうどカンカンカン鳴りはじめて、
通り過ぎたのは回送電車の雷鳥。

線路は単線で遮断機もない。
目印なのか? 車のタイヤを棒にかけて立ててあった。
忘れ去られてしまったような光景がここにある。
でも、大阪市内にはまだそんな場所がたくさん残っているのです。





先日は暗かったのでちょっと追加





三色明路



迷路や鏡の間などの不思議な世界がすき





ブルー・ライト・パーキング






_____________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆今夜の音楽

ANGIE / THE ROLLING STONES

悲しみのアンジー / ローリング・ストーンズ
P-1256S
EP盤(シングルレコード)


レコードケース(紙製)

1973年発売時500円でした




いつも心に



いいな~こういうの





長月の夕暮れ







     いつの間にか夜が長くて




青春18きっぷで 尾道

山陽本線で笠岡から30分ほどで尾道へ到着。
尾道チャイダーのお店へ向かう。

一緒に行ったぼさんから、お店に置いてある写真集を渡される。
「ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展 尾道への旅」
わー! めっちゃ欲しい写真展の図録である。現物を見るのは初めて。
2006年に東京だけで開催された映画監督ヴェンダースの写真展で、
敬愛する小津安二郎監督作品「東京物語」の舞台が尾道によるオマージュ。

美味しいチャイダーと店主さんとの会話、
ため息ものの写真集で悠長に過ごしていたら、今日中に帰ることを忘れていた。

大好きな「梟の館」は、閉店時間が“日没”なので今回は行けず。
尾道ラーメンを食べて、タタタタッと駅に向かう。

乗り継いで4時間と少し。ぎりぎり日の変わる10分ほど前に無事着。


路地の先は向島と尾道水道


やまねこカフェ





青春18きっぷで笠岡Ⅱ


笠岡港にある渡船待合所


巨大な肥料の貯蔵庫(サイロ)


路地をまたぐ納屋



シャコ丼のお店でシャコ料理をいただき、
夕方5時ころ笠岡を出て西へ。


※シャコ丼
  笠岡の郷土料理で、
  シャコをフライにして卵とじにしたもの。




青春18きっぷで笠岡











マンホール-笠岡







笠岡に行きたいという稀少な方がいらしたので、
18切符の残りを利用して日帰りで行ってきました。

笠岡市は岡山県ですが、実家のすぐご近所。
お盆に帰省したばかりなので母に話すと笑ってた。
瀬戸内にある小さな町で、天然記念物のカブトガニ繁殖地です。

マンホールのデザインもカブトガニで、2枚目はゆるキャラのカブニくん。




百島の夕景



阪神高速湾岸線

西淀川区百島より臨む




また逢う日には



お盆に、小学校卒業以来はじめての同窓会がありました。
子供が3才だったり孫が3才だったりと、それぞれの暮らし向きがおもしろい。

クラスは十数人の1クラスだけで欠席者は3人。
だから、二次会のお店も突然行っても大丈夫。こじんまりと貸し切り状態です。
人数が少ないので、全員の顔が見えて話せるのがいい感じ。

0時まわって解散。taxiに乗り込もうとするyちゃんをはがいじめにするsーくん。
まるで小学生がじゃれてるみたい。幼稚園からいっしょだった同級生ならではかな。
このあと男子は連れ立って闇の街に消えて行きました。


途中、タイムカプセルの話題で盛り上がるものの、
私も含めてほとんどの人が覚えておらずで、
記念樹の近くに埋めたのでは?など推測の域をでないままです。




なんと、この記事を書いている最中に幹事のYくんからメールがあり、
当時の担任の先生と連絡がとれて、ご高齢のため耳も遠く奥様を介しての
やりとりだったそうですが、先生は場所を明確に覚えておられたそうです。

どうやら、次回はスコップ持参で校庭に集合となりそう。



後日、Tくんが出席者の携帯画をアレンジしてパソコンに送ってくれた。
ぷぷっ 真ん中の小学卒業写真と現在の写真の対比が笑える。



※7月1日に関連記事