夏の終わりの遠足

夏休みも終わりの週末、お弁当持って遠足にゆく。

ensoku-1

姫路からローカルな播但線に乗って、鉱山の町へやってきました。
ワンマンカーで運転手さんひとり。ドアは手動で開閉。
車内にいくつも扇風機のスイッチがありました。(やはり手動式!)

生野銀山のふもと 生野駅

ensoku-2

生野銀山は、昭和48年に閉山するまで1200年もの長い歴史があるそうです。
その間に掘り進んだ坑道の総延長は350キロメートル以上、
深さは1000メートルの深部にまで達しており、採掘した鉱石の種類は70種にも及んでいます。
 - 生野銀山観光パンフレットより -

「金香瀬坑」という坑道があり入ってみた。

ensoku-3


ensoku-4


ensoku-5


ensoku-6


ensoku-7


ensoku-8

往復で30~40分ほどだったか、見応え十分でした。
坑道内の温度は年間を通して13度なので、半袖1枚だとけっこう肌寒い。
でも外に出ると暑いので、出たり入ったりしておりました。

今年の夏は異常に暑いけど、例年だとこのあたりはもっと涼しいのでしょうねぇ。

ensoku-9


ensoku-10



帰り道、姫路市内を歩きました。
姫路城、ただいま平成の大修理中!

ensoku-11





姫路から乗った播但線。
向かいの長椅子におっちゃんの二人連れ、ちいさい子供連れの4人家族、アベックが座ってる。
電車が発車するとすぐに、おっちゃん二人がそれぞれ柿の種の袋をもってむしゃむしゃ。
家族連れはスナック菓子をばりばり。アベックもお菓子を取り出して全員が楽しそうに食べてる。
映画のワンシーンみたいで、ものすごい笑いのつぼにハマってしまった。

いいな~のどかで




お盆の帰省と同窓会

初日

朝8時過ぎ家を出て、新大阪駅から18切符で帰省。
途中姫路~相生と乗り換える。相生から三原行きに乗ったのに、
岡山で下車する乗客につられて一緒に降りてしまった。
けど、後発の電車は岡山始発だったので座ることができてよかった。

3時過ぎ実家に帰着。
家の掃除をしたあと一風呂浴びる。軽く夕食を済ませてから
兄の送迎で、先月亡くなった叔母の四十九日法要に出掛ける。

叔父の家は分家で仏間がなかったので、茶室に中陰壇が設置されていた。
遺影の叔母は美しくて、とても楽しそうに笑っているものだから
またすぐに会えるんじゃないかと錯覚してしまう。

喪主をつとめた2つちがいの従兄に、「横が空いている」と言われて隣に座る。
こどものときはよく遊んでいた。ひさしぶりに二人で話した気がする。
叔母が亡くなるまでの過程や自分のこと、私のことなどについて。

死者があの世へ旅立つ期間といわれる中陰。
遺した家族のことを叔母は見ているのだろうか。


夜10時半過ぎ帰宅。



2010-夏



二日目

翌朝、兄一家がお墓参りにやってくる。
姪の手がとても大きくて長いので話題に。
身長が170㎝以上あり、まだまだ伸び盛りだという。
17才の手は、すべすべでふんわりしていた。

友人と待ち合わせていることを話すと、兄家族が駅前まで送ってくれた。
あわてて仕度をしたので携帯を忘れて出てしまった。
携帯がないと会えるかしらと不安になる。
無事に会えた友人が、「忘れた物はとりに帰ろう」とまわってくれた。感謝!

夕方別れて、小学校の同窓会に出席。昨年より二度目。
5.6年のときの担任A先生が来られていた。87歳になられて耳も遠くなっていた。
大きな手術をされたそうだが、趣味も広くお元気そうだった。
何十年もの歳月の間に、背中が丸くなってひとまわりちいさく見えた。
お話をたくさんされて皆のために3曲歌ってくださった。

宴の途中、4年のときの担任S先生が予定を都合して駆けつけてくださった。
先生は私たちのクラスを「みやすいクラスだった」と言われた。
(みやすい=備後の言葉で、やさしい・易いの意味。この場合は、やり易いをさす。)

短大を卒業したばかりの若い女の先生に男子がイタズラしたり、
女子が授業をボイコットして図書室に立てこもった話をすると、
「そんなことあったっけ?」と笑っておられた。

宴もたけなわ。故郷のお刺身や魚料理は美味しいなあ。
先生たちは車を運転して来られたので、お酒はのんでいなかった。
高齢のA先生は、来年の免許更新を機に運転をやめるそうだ。

二人の先生とお別れしてタクシーで二次会へ移動。
よく歌い楽しいお酒だった。カラオケの雰囲気は苦手だったけど
こうして気がねなく歌うのは楽しいね。
1時半頃お開き、ほとんどが次のお店に。朝までがあたりまえのようだ。
私は大阪に帰るのでおとなしく帰りました。ってか、皆元気やね~~


今年はふたりの担任の先生とお会いできた。
同窓会って夢のなかの時間みたいだね。



2010-同窓会



三日目

朝、omaちゃんからメールがはいる。
昨日朝メールもらって、またメールすると言ったきり忘れてた!
昼過ぎの新幹線に乗るとメールすると、
「その時間は都合悪いからまた今度帰ったときにね。」と返信あり。
高校時代からの友人で、気がおけない間柄はずっと変わらず。

11時過ぎ、先日とは別の従兄がお盆のおまいりに。孫も合わせて6人。
うちは本家で、帰省時期は特に親戚が訪れるので予定通りに運びにくい。

今日は午後から大阪に帰る日。
従兄が帰るとき、駅まで送ってあげるよと言ってくれたので
またまたあわてて仕度をして出た。途中母から携帯に電話があり、ほとんどの服を置いてきたようだ。
昨日携帯を忘れた件と言い、83歳の母に「あんた大丈夫なん?」と心配された。

駅に着いて時刻を見ると、新幹線の時間が10分後。
ターッといくつかお土産を買って乗り込む。
帰省ラッシュ時の割にはさほど混んでいなくて、岡山で座れて帰ってきました。


主に同窓会の話題にしようと思っていたのに、
とりとめもなく忘れ物が多い内容になってしまいました。
(同窓会の時間も30分間違えていた・・)



おしまい




大阪市立科学館Ⅲ

kagakukanⅢ

ココけっこう楽しめます。
友人のこどもが小さい頃に一緒に行って、
思わぬ楽しさに大人2人はしゃいでしまったことあります。




中津高架下

中津高架下

中津高架下Ⅱ

初めて中津の高架下に足を踏み入れたとき、かなり興味をそそられた。
明るいのは五つ又に分かれたこの場所だけ。夜に通路に入れば、
真っ暗な中で会社やショップが普通に営業していて、不思議な空間だった。

行く先が暗闇だと引き返しますか?
私は、おそるおそる足を延ばしてしまう。




お盆すぎの一週間の暑かったこと!

8-21_

そんな夏の正午





___________________________________________________________

矯正歯科にて。
約1時間半、眠くて眠くて
目が覚めたら下顎に矯正装置がつけられていた。

本日より矯正スタート!



バス停留所

bus stop

昨年あたりから、十三にも広告つきの新型バス停が登場。
かっこいい椅子なんだけど、お年寄りには座りにくそうと思っていたら、
どしっとした青い椅子が新たに設置されていました。
バスはけっこう遅れるからね。


広告は、映画「ソルト」のポスター。
アンジェリーナ・ジョリーかっこいいな~




慈姑-くわい


kuwai

水田で栽培されるクワイ。

芽がでるので縁起ものとしておせち料理に使われています。

苦みがあるので、スライスや丸ごと素揚げにすると食べやすい。




森のなかの木

8-10





_________________________________________________

 Stuff that I like
 ◇◆絵本

「おおきな木」
book28%
シェル・シルヴァスタイン / 作 絵
ほんだ きんいちろう / 訳
篠崎書林 / 発行


ちびっこはおとなになって
木と遊んだ日々を忘れていく

木はいつでも
ちびっこが望むことを与えて
やがて切り株となってしまう

それでも木は
ちびっこが来てくれることがうれしかった



そんな
りんごの木の おはなし




夕日に染まる

yu-sya






森のトンネル

tunnel






8月6日の空

8-6_18-23

原爆投下から65年

あの日
午前8時15分までは 今日のような夏空だったはず


夕刻の空に平和の願いをこめて




蓮池

hasuike






盛夏

seika


暑中お見舞い申し上げます


夏と歩いた日