ひまわりと太陽の塔

ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ①

大阪モノレールに乗って


ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ②

EXPO'70の跡地にやって来ました。

今回のルートは、阪急千里線山田駅から大阪モノレールに乗り換えて、
ひと駅めの万博記念公園駅で降ります。
駅の1階で駅員さんがお弁当を売ってました(^^)


ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ③

中央口ゲートから自然文化園に入園します。


ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ④




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑤




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑥ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑦

駅で買ったお弁当
400円でお釣りがきて具だくさんで案外うまい!


ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑧




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑨




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑩




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑪

東に位置する太陽の塔に向いています。


併設のみんぱく(国立民族学博物館)に入ったら、かなり面白かった。
他にも「EXPO'70パビリオン」など、見所が多く楽しめると思います。


ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑫




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑬

激しい雷雨でお天気急変




ひまわりと太陽の塔 2015-8-30 ⑭







大阪万博

45年前の夢の跡地




奈良の鹿

奈良の鹿 2015-8-19,




奈良の鹿 2015-8-19,,


奈良の鹿の主食は、奈良公園の芝と木の葉や実。
おかげで奈良公園は除草の手間がいらないのだそうです。

鹿せんべい以外は、お腹をこわすのであげないでくださいとホテルの方に言われた。
台風の日はどうしてるのかな?鹿舎とかあるのか尋ねたら、
野生なのでそんなものはなくて、木の下などで適当にしているとのこと。

ひと袋の鹿せんべいを、出会った鹿に少しづつあげた。
どの鹿もフレンドリーで可愛かった。
奈良公園周辺の鹿の数は約1300頭。
交通事故の多発で亡くなるケースも多いという。


奈良の鹿愛護会が、24時間体制で鹿の救助・救出をおこなっているそうです。


奈良の鹿 2015-8-19,,,




奈良の鹿 2015-8-19,,,,







-奈良シリーズおしまい







ならまち

ならまち 2015-8-12-1

奈良に写真美術館があることを知り、少々遠い距離だけど、
ならまちエリア散策を兼ねて歩いてみました。

ならまち 2015-8-12-2




ならまち 2015-8-12-3




ならまち 2015-8-12-4




ならまち 2015-8-12-5

途中で美味しいお蕎麦をいただきました。
海なし県は蕎麦がうまい?

そば処 「吟松」 奈良町店
奈良県奈良市西新屋町18



ならまち 2015-8-12-6

お店の外観を撮っていたら、京都からの常連さんが「みたらし団子が美味いよ」と教えてくれた。
早速イートイン。団子はしっかり弾力があって美味。甘口と辛口の二種ありますが、甘口もそれ程甘くありません。

ならまち 2015-8-12-7ならまち 2015-8-12-8

かき氷が逸品!「柚子氷」無茶苦茶すっきりした味わい!!! 小豆は粒が大きくてホクホクでした!
奈良は氷の神さまを祀る氷室神社があって、かき氷の激戦区だそうです。

おくた 奈良町本店
奈良県奈良市中院町32



ならまち 2015-8-12-9

入江泰吉記念奈良市写真美術館

2015年7月4日(土)~8月30日(日)
モノクロスナップの魅力
入江泰吉「昭和大和のこども」×阿部淳「市民」×近藤斉「民の町」

写真集もいいけれど、やっぱりアナログプリントが見たい。
企画展も良かったし、非常にいい写真美術館でした。


ならまち 2015-8-12-10

せんとくん


ならまち 2015-8-12-11

猿沢池
向こう側に回れば、興福寺五重塔と柳が水面に映るのでした。







東大寺

東大寺南大門の仁王像

東大寺 2015-8-2,

↑口を開いた阿形像と、↓口を結んでいる吽形像。転じて「阿吽の呼吸」

東大寺 2015-8-2,,


奈良の鹿は境内でもどこにでもいます。

東大寺 2015-8-2,,,


大仏殿外観

東大寺 2015-8-2,,,,


奈良の大仏さま
何度か拝観してるけど、なんか元気になれる。

東大寺 2015-8-2,,,,,


今日も柱の穴をくぐる観光客の行列です。

東大寺 2015-8-2,,,,,,


賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)

東大寺 2015-8-2,,,,,,,

通称「おびんずる様」
なで仏と言われ、患っている身体の同じ部分をなでると
病気平癒のご利益があるのだとか。
大仏殿を出てすぐ右側、外国人観光客に人気でした。



奈良シリーズ、ちまちま続いてます。