スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖疏水-蹴上インクライン

インクライン
琵琶湖疏水の大津から宇治川に至る20.2キロの舟運ルートの途中、水路落差のある2カ所に敷設した傾斜鉄道。蹴上(けあげ)インクラインは延長581.8メートルで世界最長。伏見インクラインは延長290.8メートル。1890年代(明治23~)に完成、1940年前後(昭和15前後)に休止。蹴上のみ形態保存。
(京都市観光文化情報システム-HPより引用)


インクライン軌道跡。上に架かる橋は南禅寺橋。


春には満開の桜に包まれる。
映画〝スタンド・バイ・ミー〟のように、線路の上を歩いて
冒険してみたい心理、多かれ少なかれあるような気がします。


当時、この台車に船ごと載せて行き来する様子を見ようと
弁当を持っての見物客で賑わったとか。


けっこう急勾配



紅葉もきれいでお天気に恵まれた休日。
12月の頃はいっそう素敵でしょうね。






Trackback

Trackback URL
http://hoijyake.blog101.fc2.com/tb.php/184-0336fb96

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。