ヒロシマ

広島に原子爆弾が投下されて64年目の夏


広島県で生まれ育った私にとって、
原爆はごくあたりまえに身近にあった問題。
8月6日は必ず、夏休みの全校登校日であり、
8時15分に各教室で全員が黙祷し、そのあとで「原爆の歌」を歌う。
広島と長崎に住んでいなければ、おそらくほとんどの人が歌うことのない曲。
小学から高校まで義務付けられていた。


悲惨な戦争が繰り返されないように、
原爆による犠牲者の方々、戦争によって犠牲になられた多くの方々に対して
心よりご冥福をお祈りいたします。




Trackback

Trackback URL
http://hoijyake.blog101.fc2.com/tb.php/349-2dc89d16

Comment

福にゃんママ | URL | 2009.08.07 14:31 | Edit
広島ご出身だったのですね。
原爆の歌は長崎に修学旅行に行ったときに、バスガイドさんにきっちり教えてもらった記憶があります
憲法9条は何時の世までも守らなくっちゃっておもいます。
fookey | URL | 2009.08.07 20:29 | Edit
福にゃんさん、コメントありがとうございます。
原爆の歌は何曲かあるようです。
私たちが習ったのは「原爆を許すまじ」という曲で、くだりが
「みたび許すまじ原爆を われらの街に」という歌詞でした。
子供心に、三度という言葉に強い印象を抱いたのを覚えています。

福にゃんさんも縁のある、ふたつの猫の町の近くです。
大阪住まいのほうが長くなりましたが、ご案内くらいでしたらできますよ。^^
Comment Form
公開設定