スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんぴらさん参り 



本宮の途中にある旭社の彫刻には目を奪われる。
特に、てっぺんの屋根の内側全体にある巻雲は見事だった。




伊藤若冲 特別展『百花若冲繚乱』
金刀比羅宮 奥書院上段の間にて開催中  2010 3/19(金)~6/13(日)

「花丸図」は不思議な絵だった。
上段の間全体に幾種類もの花が図鑑のように描かれている。
よく見ると、葉はあちこち虫に喰われていたり枯れている。原型がないほどに。
ここまで描こうとするのは何なのだろう。花の美しさと対照的に朽ちてゆくものにまたひかれている。
観ていると心が安らぐのは画力なのだろうと思う。
上段の間から一段下に座しての鑑賞。静かで静かな、かけがえのない時間でした。

今回特別展に行ってみて、あらためて洞察力の最も優れた画家だと思えた。
そして、今まで以上に若冲のことが好きになった。




Trackback

Trackback URL
http://hoijyake.blog101.fc2.com/tb.php/465-fdb81e29

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。