お盆の帰省と同窓会

初日

朝8時過ぎ家を出て、新大阪駅から18切符で帰省。
途中姫路~相生と乗り換える。相生から三原行きに乗ったのに、
岡山で下車する乗客につられて一緒に降りてしまった。
けど、後発の電車は岡山始発だったので座ることができてよかった。

3時過ぎ実家に帰着。
家の掃除をしたあと一風呂浴びる。軽く夕食を済ませてから
兄の送迎で、先月亡くなった叔母の四十九日法要に出掛ける。

叔父の家は分家で仏間がなかったので、茶室に中陰壇が設置されていた。
遺影の叔母は美しくて、とても楽しそうに笑っているものだから
またすぐに会えるんじゃないかと錯覚してしまう。

喪主をつとめた2つちがいの従兄に、「横が空いている」と言われて隣に座る。
こどものときはよく遊んでいた。ひさしぶりに二人で話した気がする。
叔母が亡くなるまでの過程や自分のこと、私のことなどについて。

死者があの世へ旅立つ期間といわれる中陰。
遺した家族のことを叔母は見ているのだろうか。


夜10時半過ぎ帰宅。



2010-夏



二日目

翌朝、兄一家がお墓参りにやってくる。
姪の手がとても大きくて長いので話題に。
身長が170㎝以上あり、まだまだ伸び盛りだという。
17才の手は、すべすべでふんわりしていた。

友人と待ち合わせていることを話すと、兄家族が駅前まで送ってくれた。
あわてて仕度をしたので携帯を忘れて出てしまった。
携帯がないと会えるかしらと不安になる。
無事に会えた友人が、「忘れた物はとりに帰ろう」とまわってくれた。感謝!

夕方別れて、小学校の同窓会に出席。昨年より二度目。
5.6年のときの担任A先生が来られていた。87歳になられて耳も遠くなっていた。
大きな手術をされたそうだが、趣味も広くお元気そうだった。
何十年もの歳月の間に、背中が丸くなってひとまわりちいさく見えた。
お話をたくさんされて皆のために3曲歌ってくださった。

宴の途中、4年のときの担任S先生が予定を都合して駆けつけてくださった。
先生は私たちのクラスを「みやすいクラスだった」と言われた。
(みやすい=備後の言葉で、やさしい・易いの意味。この場合は、やり易いをさす。)

短大を卒業したばかりの若い女の先生に男子がイタズラしたり、
女子が授業をボイコットして図書室に立てこもった話をすると、
「そんなことあったっけ?」と笑っておられた。

宴もたけなわ。故郷のお刺身や魚料理は美味しいなあ。
先生たちは車を運転して来られたので、お酒はのんでいなかった。
高齢のA先生は、来年の免許更新を機に運転をやめるそうだ。

二人の先生とお別れしてタクシーで二次会へ移動。
よく歌い楽しいお酒だった。カラオケの雰囲気は苦手だったけど
こうして気がねなく歌うのは楽しいね。
1時半頃お開き、ほとんどが次のお店に。朝までがあたりまえのようだ。
私は大阪に帰るのでおとなしく帰りました。ってか、皆元気やね~~


今年はふたりの担任の先生とお会いできた。
同窓会って夢のなかの時間みたいだね。



2010-同窓会



三日目

朝、omaちゃんからメールがはいる。
昨日朝メールもらって、またメールすると言ったきり忘れてた!
昼過ぎの新幹線に乗るとメールすると、
「その時間は都合悪いからまた今度帰ったときにね。」と返信あり。
高校時代からの友人で、気がおけない間柄はずっと変わらず。

11時過ぎ、先日とは別の従兄がお盆のおまいりに。孫も合わせて6人。
うちは本家で、帰省時期は特に親戚が訪れるので予定通りに運びにくい。

今日は午後から大阪に帰る日。
従兄が帰るとき、駅まで送ってあげるよと言ってくれたので
またまたあわてて仕度をして出た。途中母から携帯に電話があり、ほとんどの服を置いてきたようだ。
昨日携帯を忘れた件と言い、83歳の母に「あんた大丈夫なん?」と心配された。

駅に着いて時刻を見ると、新幹線の時間が10分後。
ターッといくつかお土産を買って乗り込む。
帰省ラッシュ時の割にはさほど混んでいなくて、岡山で座れて帰ってきました。


主に同窓会の話題にしようと思っていたのに、
とりとめもなく忘れ物が多い内容になってしまいました。
(同窓会の時間も30分間違えていた・・)



おしまい




Comment

Comment Form
公開設定