夏の終わりの遠足

夏休みも終わりの週末、お弁当持って遠足にゆく。

ensoku-1

姫路からローカルな播但線に乗って、鉱山の町へやってきました。
ワンマンカーで運転手さんひとり。ドアは手動で開閉。
車内にいくつも扇風機のスイッチがありました。(やはり手動式!)

生野銀山のふもと 生野駅

ensoku-2

生野銀山は、昭和48年に閉山するまで1200年もの長い歴史があるそうです。
その間に掘り進んだ坑道の総延長は350キロメートル以上、
深さは1000メートルの深部にまで達しており、採掘した鉱石の種類は70種にも及んでいます。
 - 生野銀山観光パンフレットより -

「金香瀬坑」という坑道があり入ってみた。

ensoku-3


ensoku-4


ensoku-5


ensoku-6


ensoku-7


ensoku-8

往復で30~40分ほどだったか、見応え十分でした。
坑道内の温度は年間を通して13度なので、半袖1枚だとけっこう肌寒い。
でも外に出ると暑いので、出たり入ったりしておりました。

今年の夏は異常に暑いけど、例年だとこのあたりはもっと涼しいのでしょうねぇ。

ensoku-9


ensoku-10



帰り道、姫路市内を歩きました。
姫路城、ただいま平成の大修理中!

ensoku-11





姫路から乗った播但線。
向かいの長椅子におっちゃんの二人連れ、ちいさい子供連れの4人家族、アベックが座ってる。
電車が発車するとすぐに、おっちゃん二人がそれぞれ柿の種の袋をもってむしゃむしゃ。
家族連れはスナック菓子をばりばり。アベックもお菓子を取り出して全員が楽しそうに食べてる。
映画のワンシーンみたいで、ものすごい笑いのつぼにハマってしまった。

いいな~のどかで




Comment

Comment Form
公開設定