吉田山の秋-弐

真如堂
真如堂
河原町から銀閣寺方面の5番バスに乗って、真如堂前で下車。
今回も神楽岡コースから吉田山に向かう。


神楽岡通
神楽岡通りにある坂道
振り向いて大文字山を眺める。大の文字、何とか見えますか。


大正時代の家並
神楽岡通り
大正時代の家並み。


大正時代の家並_
静寂のなか そぞろ歩きのひと おだやかな秋の日に 
この先が吉田山への入口。


茶室跡
茶室の跡地と思われる入口
山中に7つあった茶室は現在2つだそうです。


カフェ茂庵
山頂手前にあるカフェ 茂庵
抹茶ミルクと手づくりクッキーをいただく。
京都は抹茶が美味しいです。


空‐吉田山
空見上げる
下北半島(逆向き!)に陸奥湾・・ん、苦しい。
またはAU(雲の間) もっと苦しい・・。



帰りは吉田神社側から下りて歩きました。
平安神宮から三条通りに出て、ひと気も灯りも少ない高瀬川沿へ。
店の裏側のガラス窓に映る灯りが
さみしいほどの街並みをうっすらと照らし郷愁さえ覚える。


その後にぎやかな祇園界隈を通って河原町へと。




Comment

Comment Form
公開設定