スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ふんと「キリカエ」展

5月恒例の猫をテーマにした「猫ふんじゃったなギャラリーたち」
通称「猫ふん」
いつの間にか参加ギャラリーも18と拡大。

クーちゃん

10Wギャラリーのクーちゃん
今日も作品に埋もれてお昼寝。


コースターとキーホルダーを購入。
特にキーホルダーの猫がめちゃお気に入り。^^
ホルダーもいまどき珍しいタイプだし、
ビニール袋に入ってた台紙の裏に、手書きで作家さんの苗字が2文字だけ。
ちゃんとHPもあるのに欲がないというのか、こういうの大好きで。

<作家さんHP>
 キーホルダー
 コースター

key holder&coaster  猫ふん9_  


次に中平卓馬「キリカエ」展へ。
心斎橋のコムデギャルソンSixで開催中。(5/29まで)

コムデギャルソンSix「キリカエ」展

『う~ん、この写真はどう観たらええのん?』
変わった撮り方の不思議な写真が次々と目に飛び込んでくる。
中平卓馬という知名度だけで理解しようとしたのがそもそもの間違いで、
もう少し写真家を知って鑑賞したほうがよかったみたい。
いずれにしても存在感だけはしっかりと残ったのでした。


ラストはギャラリーマゴットへ。
こちらは写真のみで、外猫や生まれたての猫など多数展示。

笑顔


笑顔がいいよね

次回はOさんもぜひ♪






Comment

Kuhkatze.N | URL | 2011.05.29 00:00 | Edit
10Wには2回行ったのですが、何故かクーちゃんに遭遇できずに終わってしまいました。

写真展にお越しいただき、どうもありがとうございました(笑)
多分どこかでまた写真展に出しますので、また見に来てやってください(笑)

写真展に出しはる時はブログで公表してくださいね。ちゃんとチェックしておりますので(笑)
風景 | URL | 2011.05.29 06:11 | Edit
わ!Kuhkatze.N さん!(笑)
コメントありがとうございます!その節はお世話になりました。(笑)

クーちゃんぐっすり寝てたみたいで頭だけそっとなでました^^
もっといっぱい遊びたいんですが、来はる方は皆そうでしょうね。

で、写真展ですがまたふらりと出かけますんで(笑)
私のほうは、過去に猫ふんに1度と3月にマゴットさんでお世話になりました。
もともとガラスやっていたのですが、最近さぼってまして。。
やはり両方バランスよくは難しいです。
G.D.M.T. | URL | 2011.05.31 14:45 | Edit
実はですねえ・・・

僕は雑貨関係も、超好きなんですッ!!

このビミョーな表情のキーホルダーもイイですが
(・・・確かにホルダー部分も渋い(笑))、
コースターの絵柄に萌えまくりました~~~~!!
う~ん、スゴくいいなぁ~♪
クーちゃんが寝てる写真でチラッとみえる、
“袋”みたいのも・・・ メッチャ気になります!

中平さん・・・
やはり70年代のヒリヒリとした作風の印象が強いですけど、
近作はあまり拝見する機会がないので、大変興味深いです(^^)
風景 | URL | 2011.05.31 22:48 | Edit
G.D.M.T.さん
雑貨ものが大好きなんですね~私もです!^^
ツボにはまるものに出合うと、ずぅ~っと居ついてしまいますよねぇ。
ステーショナリーにしてもそうで、例えばガラスペンなどにうっとり・・笑

そうそう、コースターも猫と模様がとっても可愛くって即買いでした!
表地はポリエステル・裏は黄色の綿地。実物の色きれいです~

イラストが素敵なかん袋は巨大なチッポチャップスみたいでしたよw

中平卓馬は・・
3月の写真展のとき「女性版中平卓馬を目指して頑張ってください」なんて
メーッセージをくださった方がいて出かけたのですが、
私的にはかなりヘンな写真でしたわ。好きな方にはたまらないみたいで
かぶりつきで鑑賞されている方もいてはりました!

※「キリカエ」展のリンクを追加しました。展示写真が少しあります。^^
G.D.M.T. | URL | 2011.06.02 12:00 | Edit
「キリカエ」展のリンク、ありがとうございまっす!

“あらゆるものの羅列、並置がまた図鑑の性格である。
図鑑はけっしてあるものを特権化し、
それを中心に組み立てられる全体ではない。
つまりそこにある部分は全体に浸透された部分ではなく、
部分はつねに部分にとどまり、その向う側にはなにもない。
図鑑の方法とは徹底したjuxtapositionである。
この並置の方法こそまた私の方法でなければならない”

・・・ふむふむふむ!
テキストもなにげに気になりまくるので、
のちほどゆっくり読ませていただきます♪
風景 | URL | 2011.06.02 21:23 | Edit
G.D.M.T.さん、そういうことでしたか。
リンク先の記事から抜粋してしてくださったことで少し理解できました。
(実は読んでいませんでした・・汗;)

図鑑の性格上、一枚一枚の写真にアート性や情景やテーマはなく、
ただ漠然と「○○図鑑」とタイトルだけがついていそうな写真群。
ここは、「図鑑が持つ並置の方法における写真の意味」を考えるよりも、
ただ中平ワールドを楽しんで観ればいいのだー!
と、思いました まる
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。