ぶらり歩記-神戸

小春日和の11月半ば、Sさんの案内でK君と3人神戸散歩。
まずは、“タン・カフェ”でランチして山側へ。

yamanote sanpo

イスラム教寺院の神戸ムスリムモスク(神戸回教寺院とも)
歴史的な建造物が目を引く。住宅街にふつうに建っています。


yamanote sanpo,

タン・カフェのランチ
さんプラザ 地下1階にあるベトナム料理店で、BGMもベトナム音楽一色。
オーナーのタンさんは、ベトナムに里帰り中でした(涙)

デザートの揚げバナナ。どのメニューも美味しい人気店です。

yamanote sanpo,,




yamanote sanpo,,,

私立こうべ小学校
この日は正門が解放されていたので入ってみました。
校庭の真ん中の大きな木は、卒業しても忘れないよね、きっと。


yamanote sanpo,,,,

阪神淡路の震災で教会も現代的に様変わり


yamanote sanpo,,,,,

元町のインド雑貨店CHOUTARA(チョウタラ)さんへ。
他のお客さんも混じって“シンギングボール”を奏でる。
チベットで宗教儀式や瞑想時に使用されていて、倍音と呼ばれる。
ウィィ~~ン 低く鈍い音が徐々に大きく響いてヒーリング効果もあるそうです。

yamanote sanpo,,,,,

「同じメニューだと早い」と云われて、全員ジンジャーチャイを注文(カフェなのです)
お店のスタッフさんがチベットで撮影した写真を中心に、インド・チベット話に花が咲く。

yamanote sanpo,,,,,,,

お客さんが履いていた靴!すごく歩きやすいそうです!!


yamanote sanpo,,,,,,,,

チョウタラさんですっかり長居。
西へ歩いて関帝廟(かんていびょう)へ。
三国志の英雄関羽を祀ったお寺です。




マニアックなお店ばかりに連れてかれて、
異国情緒溢れる音楽を一日中聴いていたら、頭の中から離れなくなった。


やっぱり神戸って異文化の街なんやね。






Comment

G.D.M.T. | URL | 2011.12.06 21:12 | Edit
おやおや、小春日和の異国情緒あふれる神戸をぶらりと歩いているのは、
本日の旅人・・・ 風景さぁ~~ん♪

風景さぁ~~ん!
なにかおもしろいもの、ありましたぁ~~?!

・・・・・・・・・・・・・。

・・・ス、スンマセン。 『ぶらり』って聴くと・・・
ついつい故・滝口順平さんのナレーションの真似をしたくなっちゃってーーー!!

いや~、それにしても素敵な散策をされましたね♪

ベトナム料理、戴くのはあんまり得意ぢゃないんだけど(笑)、
その見た目には、いつもソソラれます・・・(基本、イメージ先行主義やねん♪)
ちょ・・・ なにこの揚げバナナ! ・・・美味しそッッ!!

でもって、まるで現地の生活感をそのまんま捉えたような
インド雑貨店での写真が、個人的にはたまりません~~~!
ほんと、場の空気を写しとるのがお上手ですよねえ。
交わされてた会話まで聴こえてきそうです・・・(=´ω`=)
ちょっと、島尾さんの中華スナップ群を思い出しちゃったりして♪
http://www.osiris.co.jp/wic.html

最後の関帝廟も含めて、歩いて巡る異文化の旅・・・
たっぷりおすそわけしていただきました!

途中に挟まれた、小学校の校庭の木(!)や、教会の傍を飛ぶ鳩たちの姿にも、
希望や力強さが感じられて、とても印象的でした。

1995年1月17日、午前5時46分。

けっして、忘れられない記憶・・・。
風景 | URL | 2011.12.07 23:27 | Edit
G.D.M.T.さん、こんばんは~!(^^)
神戸散策、一緒に楽しんでくださってありがとうございます~♪
おもしろかったのは、数軒まわった中古CDショップでしたねー!
“あやしげなお店”は、確かにすごく面白いけど案外中身はまだふつうで、
“一見ふつうでマニアなお店”は、もう倉庫ですね本物のヘンさがありました!

インド雑貨のチョウタラさん、あそこに上がったらもうダメ(笑)
インド音楽が流れるなかあの雰囲気でしょ。お店を出る頃には脳が入れ替わってます。
しりとりをイラストで描いて繋いでいくノートが置いてあります(^^)

揚げバナナの、スプーンがアルミ製で可愛いい(笑)
ベトナム料理店は他に馴染みがないのですが、タンさんのお店の味は
香草がよく効いたヘルシーな中華家庭料理というイメージです。

そういえばGさん、横浜中華街の写真をUPされていたなかに
屋根に豪華な龍の装飾がありましたよね。あれは関帝廟だったのかなあ。
神戸のほうは随分シンプルです。で、閑静な住宅街にひっそりと(目立つけど)佇んでいます。

滝口順平さん亡くなられたのですね。声優界から大きな灯が消えちゃったみたい。
まあるくて抑揚のある、独特の言い回しが耳に残っています。
滝口順平さんナレーションの「ぶらり途中下車の旅」、
実はさっきYouTnbeで初めて観ました(またまた!!笑)
冒頭の私へのメッセーッジ、すご~~くありがたかったです~!!
もしかして関東圏では国民的番組!?


・・と、今日はこれぐらいで(笑)
ちょっと言い忘れてることがあって、いずれまた(^^;)


>1995年1月17日、午前5時46分
>けっして、忘れられない記憶

まるで昨日のことのように鮮明に思い出されます。
大阪も報道はされませんでしたが地域によってはかなり被害が出てました。
うちは兵庫県との境で、まじダメだと思いましたが何とか倒壊は免れて・・
まぁ家屋が古かったからね~みたいな。

3.11の地震もまだ癒えぬときに申し訳なく思います。
でも、G.D.M.T.さんから言っていただいて救われる気持ちです。
ありがとうございました。
忘れることなんてできないですよね。
そして、少しづつ、少しづつですよね。
風景 | URL | 2011.12.10 10:24 | Edit
じゃん!ふたたび登場(・∀・)

以前、コメントくださったとき“連れ人とツボがいっしょ”って言われたのを
自分と勘違いしてしまって、あとで赤面でした。
それでツボを聞いてみたので、ちょっと書き留めておきます。
ざっくり聞いたので(補足)もあったりなかったりですが。

大辻さんはもとよりですが、
奈良原一高(宇宙的です)
植田正治(絶対戦前の、砂丘シリーズはもちろん)
小島一郎
安井忠治
野島康三(初期のヌードがいい)
ヨゼフ・スデク(大好き!)、
クーデルカ(最近の写真を見たい。最近のパノラマ写真がいいのよね)
リー・フリードランダー(最近の好きやなあ、大好き!なにが好きなん?て聞いたら、センスやねと)
サリー・マン、などなど


メモ書きですみません。言い出したらキリがないみたい。
奈良原一高、植田正治、小島一郎は私もめちゃシビレる(特に植田正治!)

島尾さんの中華スナップ群の写真拝見。今回もありがとうございます♪
この前の話題のとき「写真難しいよ。ふつうの人にはわかりにくいと思う」と言われて・・
あ、確かに。ふつうの私にはわかりにくい(笑)
なんというのか、写真からくるイメージが知性的。

たまに私のブログの感想を言うてくれるんですが、G.D.M.T.さんからいただくコメントと似ていることも多く
着眼点が同じなのかなと思います。


ダラダラ~と(笑)長~~~くなり、貴重なお時間をすみませーん!
おつきあいくださって、まことにありがとうございました!!
Comment Form
公開設定