『げんきの実』

元気の実   元気の実,


昨夜『元気の実』というCDが届きました。
元気の実が広がりますようにと、ご紹介させていただきます。

歌っているのは、福島県南相馬市のこどもさんたち、
杉山清貴さん、木下航志さん。


『げんきの実』南相馬市のこどもたち With ポクポク山の音楽隊
(YouTube視聴)


いきさつは、2009年にアーティスト「ポクポク山の音楽隊」が、
楽曲制作用に鳥のさえずりを収録した場所が南相馬市の森だったこと。
その「森」も、東日本大震災以降、計画的避難区域となってしまったことから。

すみません、公式サイトからの引用ですが随分端折ってしまいました。
興味のある方はこちらをご覧になってください。


【収録楽曲】
 1.「げんきの実」のおはなし
 2.げんきの実
 3.げんきの実 featuring 杉山清貴
 4.げんきの実 featuring 木下航志
 5.げんきの実 featuring南相馬市のこどもたち
 6.げんきの実 カラオケ

POCS-1051 ユニバーサルミュージック
¥1,500(税込)
-収益の一部は南相馬市へ寄付されます




『げんきの実』
作詞作曲 ポクポク山の音楽隊

なにもないところに 種をまこう
ふりそそぐ あめ かぜ 芽吹きをまつよ

ふたつの目と耳で たしかめあいながら
歩みをとめずに 一歩二歩

あたらしい夢のはなし はじめてみよう
青い空 白い雲 かわらないまま

ふたつの手と足で さあ ふれあいながら
こころをひとつに 三歩四歩

あたりまえのように 太陽がのぼり
こぼれそうな星空 ぼくらはすすむ

たわわに実った 実を手にとって
げんきになれるように 育てていこう
なくしてしまわぬように 守っていこう
未来は希望が住む お城だから

la la la la la la la






Comment

G.D.M.T. | URL | 2012.03.22 16:32 | Edit
『げんきの実』、視聴してみました~(^^)

ビートルズの『With A Little Help From My Friends』を
なんとなく連想してしまいました♪ ウン、とってもイイ感じの曲ですね!

こういう子どもたちのコーラス入りの歌・・ってのに、どうも弱いんスよ~。
ついつい、涙腺がおかしくなってしまう。。。
ちょ・・・ クラシアンに電話して~~~~!!

あと、鳥がピーチク言ってる(あ、さえずるっていう日本語がありましたっけね!)、
ピースフルな感じとかもタマリマセンですねえ (〃▽〃)

震災以降、ふと頭をよぎる歌に、童謡の『ふるさと』があります。
それまでは、いわゆるノスタルジーとして聴いていたのだけれど、
いまは、ふるさと=誇り高き場所という認識に変わりました。

南相馬の子どもたちも、誇りを胸に、
輝かしい未来へと、一歩二歩、三歩四歩。

あたらしい夢、きっとかなえようネ♪


『志を 果たして いつの日にか 帰らん
 山はあおき ふるさと 水は清き ふるさと』・・・

風景 | URL | 2012.03.23 00:33 | Edit
G.D.M.T.さん
視聴もしていただき、コメントありがとうございます!

>ビートルズの『With A Little Help From My Friends』を連想・・
ああ!曲を作られたご本人が聞けば、とても喜ばれると思います!!
その人とはほとんど間接的な知人で、過去にチラッと面識がある程度ですが、
やわらかいメロディラインで、“音楽とは皆で楽しむもの”
いつもそんな曲作りが感じられます。
『げんきの実』は、震災の二日後には出来あがっていたそうです。
 
え?クラシアンって水まわりの・・ぷーっ!
本当に、いつでもユーモアを忘れない吟遊詩人なんだから~(笑)

童謡の歌詞、とくに『ふるさと』の歌詞の美しいこと。
日本語圏に生まれたことに感謝しています。
>いまは、ふるさと=誇り高き場所という認識に
まったく同感であります。
また、日本全体がふるさとだとも感じます。


『 ゆめは いまも めぐりて

  わすれがたき ふるさと 』
Comment Form
公開設定