都の美術館に行く

       都の美術館に行く 2013-5-6

都の美術館に行く 2013-5-6,  都の美術館に行く 2013-5-6,,  都の美術館に行く 2013-5-6,,,


『ジャコメッリの写真展に行きたい』
『じゃ行こ~』

身内の一言で始まった今回の東京行き。
あわせて、いくつかの展示会も鑑賞してきました。


都の美術館に行く 2013-5-6,,,,

『マリオ・ジャコメッリ 写真展』
THE BLACK IS WAITING FOR THE WHITE

東京都写真美術館
B1階展示室
2013/3/23(土)~5/12(日)
10:00~18:00(木・金は20:00迄)

もの凄くよかった。この写真展だけで東京に来た甲斐があった。

「スカンノ」や「神学生たち」のシリーズから、
フェリーニの映画「8 1/2」を重ね合わせた人も少なくないはず。

フェリーニもジャコメッリの写真に刺激を受けたよね、きっと。
13才で印刷工となったジャコメッリは、生涯その仕事に就き、何世代もに渡り影響を与えてきたという。
そこからまた後世に残る作品が作り出されていく。なんて素晴らしいことなんだろう。

ジャコメッリ1925年、フェリーニ1920年生まれ。
20世紀アドリア海地方から輩出された偉大な創造者たち。

パルコアートに掲載されている、
展示会詳細の下にあるジャコメッリの紹介文。
アレッサンドラ・マウロ氏の解説が素晴らしいのでリンク引用します。
http://www.parco-art.com/web/other/exhibition.php?id=532




都の美術館に行く 2013-5-6,,,,,

『アーウィン・ブルーメンフェルド』
美の秘密

東京都写真美術館
2階展示室 
2013/3/5(火)~5/6(月・祝)

戦前のヴォーグ誌などの表紙も観ることができました。
華麗さと品性が感じられ、何よりもモデルの美しさと、
カラー復元された写真の美しさは圧巻でした。




『フランシス・ベーコン展』
B A C O N

東京国立近代美術館
2013/3/8(金)~5/26(日)

初体験のベーコン展。
理性を追求して到達点に辿り着いたような作品群。
それでいて観覧を追うごとに感じてくる人間味。
私には後に感じたほうが興味深くて。

展示会場の壁に書かれたベーコンの言葉。
http://blog-imgs-51.fc2.com/h/o/i/hoijyake/20130506230306b16.jpg



都の美術館に行く 2013-5-6,,,,,,,







Comment

G.D.M.T. | URL | 2013.05.09 13:09 | Edit

東京都写真美術館・・・入口までしか行ったことアリマセン(^^;)
なので、風景さんの写真で妄想ツアーを楽しみませうかね〜♪

もう冒頭の3枚から、気分がアガります。
植田正治さん、キャパ、ドアノー・・・(で、合ってる?!(爆))
どれもまさに『Classic』の趣き深い名作ばかりですねえ♪

マリオ・ジャコメッリは、名前と代表作だけは知っていましたが、
この極度なハイコントラストな画調の理由、あるいは背景については、
不勉強なもので、いま解説を読ませていただき、はじめて理解しました。
そっかぁ〜・・・ 印刷の仕事に携わっていて、白地に活字で記される黒というのが、
もう身体感覚や感性のなかに染み込んでいたっていうことなんですね!
なるほど、深く納得デス♪ そして、俄然興味がワキワキですっっ!!

プリントは、きっと鮮烈さのなかにも繊細さが感じられることでしょう。
こういうのは、やっぱ生でみないとねえ。。。

・・・ギャーーーーース!
今度の日曜までぇぇーーー(`ロ´;) ( ;`ロ´)ーーーっっ?!
ううぅ・・・ ちょっとイケそうにない・・・(シクシク)
せめて、Amazonで写真集だけでもポチろうかなぁ。。。

アーウィン・ブルーメンフェルドは、カッコよろしおすなぁ〜〜♪
フランシス・ヴェーコンの言葉・・・ シビレま・・す・・・
思わず、昇天。。。(笑点ちゃうよ〜! 座布団要らんのでネッッ!!)

最後の写真は、風景さんと相方様のツーショット(死語)ですねっ♪
うんうん、わかってるわかってるっ♪ 皆まで申されるな〜 〃 ̄∇ ̄〃)b
風景 | URL | 2013.05.10 02:24 | Edit
G.D.M.T.さん
このような間延びした東京紀にコメントくださって、、
あざーっす!!(←縮小率はこれでオッケー?(笑))
美術館通路の3枚の写真、Iラブ♡~植田正治にキャパ~\((♡∀♡))/
『(焼くとき)白い紙で覆っとぉよ。ほら跡が見える』
ジャコメッリの写真観ながら、連れっちの一言がいつもガイドになっています。
G.D.M.T.さんは理解の早い方だから、実際に観覧されたらまたお話を伺いたいですね。
って!いつも会期情報が終了間際だったり過ぎてたりで・・すみません!(><)!

数年前に洋書の写真集を見せてもらったときは、まだ理解できてなかった。
展示会の企画力も大きいと思います。
先に写真展に行って、後でパルコアートのマウロ氏の解説を読んだのですが、
ひとつのシリーズにどれほどの時間をかけて取り組んでいたかが、より見えてきます。
>彼自身が夜間に暗室で長い時間をかけて現像したプリントは、トリミングや覆い焼き、
>多重焼き付けなどの試行錯誤の成果です。一枚一枚のプリントに現れたくっきりとした
>ライン、根源的な感情、突き詰められた思いの中には、たぐいまれな一貫性と詩情、
>幻想的な力が見て取れます。
会場のパネルに、ジャコメッリは“貧乏だったことが幸せだった”と書いてありました。
印刷の仕事と写真は、この人の人生だったのです。
私の心に深く浸透して離れなくなりました。

最後の写真は、やっぱり分かっちゃいました~~!?(〃▽〃)・・ナンデヤネンナ~(笑)
遠目に眼を細めて『ヘンな人がおるで~!?』って、マジマジと(爆)
Comment Form
公開設定