ジオラマの世界で遊ぶ

ジオラマの世界で遊ぶ 2014-4-2

こどものころ百貨店で暮らすことを夢見ていた
ふかふかのベッドで寝て朝目覚め
素敵なリビング雑貨に囲まれて過ごす
洋服もいっぱい着替えて
毎日が夢心地

おもちゃ売り場のレーシングカーに乗れるくらい身体はちいさくって
一日中スピードに乗って遊ぶ
これが一番の夢

こどものくせに
もっとちっちゃくなりたいと思っていたんやなあ







Comment

Erzherzog | URL | 2015.09.16 19:57 | Edit
 百貨店で暮らすことを夢見ていた・・・この箇所を拝
読して、私はふと、「モダンタイムス」の中の場面を思
い出しました。催事場のような場所で、縦横にローラー
スケートで滑りまくっていたチャップリンはさておい
て、ポートレット・ゴダードが映画の中でしていたこと
そのままだなあ、と思ったのです。
 その昔、百貨店は、子供にとっても、大人にとっても
「特別な場所」だったようですね。私は両親に連れられ
て、休日などに百貨店へ遊びに行ったり、食事をしに行
ったりという記憶は殆どないのですが、それでもやは
り、百貨店には近所のお店にはない、珍しいものが沢山
あって楽しいと思っています。特に外国製品の箱や缶の
綺麗なデザインには、随分と目を引かされました。
 色々下らないことを書いてしまい、大変失礼致しました。素敵な文章、どうも有難うございました。
風景 | URL | 2015.09.17 07:13 | Edit
Erzherzogさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
>催事場のような場所で、縦横にローラー スケートで滑りまくっていたチャップリンはさておいて、
>ポートレット・ゴダードが映画の中でしていたことそのままだなあ、と思ったのです。
いま頭のなかでは、サイレント映画のチャップリンが動き回っています。
「モダンタイムス」のその場面はよく覚えてないのですが、チャップリンの映画が大好きだったので、そんな風に感じてくださって嬉しいです。
遊び道具を買ってもらうことが殆どなかったので、よく工作していました。
宝石箱のような百貨店が、いつの間にか空想の遊び場になっていたようです。

今は、商品よりもレトロな百貨店建築がいいですね。
古びた建物の2Fにある喫茶ルームから、街路を眺めて過ごす時間とか。
ここのとこ百貨店の大改築流行りで、ちょっと残念です。
Comment Form
公開設定