スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気な十三に!

元気な十三に! 2014-4-10,


3月7日 阪急十三西口周辺で発生した火災跡
ションベン横丁とその一角


元気な十三に! 2014-4-10,,




元気な十三に! 2014-4-10,,,




元気な十三に! 2014-4-10,,,,

約1月経過の今も西口改札は閉鎖されたまま


西口改札前で、大阪市に火事の復興支援を求める署名と、募金を募っておられました。
瓦礫の処理にかなりの費用が必要で、各店舗にその負担を求められている為です。



西口改札を出るとすぐ線路づたいにションベン横丁があるのだけど、
十三に引っ越した30年ほど昔は、流しのアコーディオン弾きがまだいたっけ。
あそこは昼間でも一種独特の雰囲気があって、まるで時代に置き去りにされてしまったかのような、
存在しない街に迷い込んでしまったような錯覚にさえ陥ったこと覚えています。


昭和二十年の空襲でこの街も焼け野原になり、戦後の闇市からスタートしたと言われています。
ションベン横丁の名前の由来は、当時この一角にトイレがなかったことからですが、
今でも防止策となっているようで壁には赤い鳥居がいくつか描かれています。


数年前から新規参入のお店も増えて、益々活気づいてきた矢先の今回の出来事。
昔から営業されている年配の方は、再建に気力が萎えているとも聞き残念でなりません。
十三に約30年住んで、地の人たちはほんとうにいい人が多かった。店でも病院の待ち合いでも
見知らぬ人同士交わす会話はいつも笑顔で、親切でいて他人に踏み込んでこない粋な感じがした。
『おおきに』『ごめんやで』の精神が根付いていて、どれほど救われてきたことか分かりません。


戦後の復興で人々が集まって賑わいを取り戻したように、
再び元気な十三の街に戻るように、必ずや再建・復興すると信じています。




賑やかな飲み屋街って写真撮りにくかって、残念ながら画像がありません。

しかし!YouTubeって何でもあるのね~~ビックリ!!
清志郎兄貴が十三の歓楽街を歩いてはるお宝映像!!むっちゃ感慨深いわ~~
ションベン横丁ではないけれど、ライブハウス『ファンダンゴ』までのアヤシイ場所です。
しかもあの名物落書きがまだ残ってた頃のファンダンゴの入口とは、十三マニアにはたまらん映像ですな。
ちなみに冒頭のシーンは、映画『ブラックレイン』のロケ地にもなりました。
撮影は平日の深夜でこの場所、さすがに見物に行くことはしませんでしたが。

『忌野清志郎 十三で語る』
http://www.youtube.com/watch?v=kLs8LvvUskM







Comment

freecat2828 | URL | 2014.04.11 17:15
十三火事なったんですか?
新聞もテレビもない我が家ではネットとワンセグが情報源なのでかなり見落としてること多いもので…
東京でいえば新宿のゴールデン街のようなところでしょうか?
気の置けない娯楽街なんでしょう。
十三の御旅町に親戚がいて40年ほど前行ったことありますが、ほとんど記憶がありませんが近くに川が流れてたような…
風景 | URL | 2014.04.12 00:28 | Edit
Freecatさん
十三駅のホームすぐ横の路地が出火元で、消防車も50台ほど出て騒然でしたよ。
全国ネットでは大きく取り上げられてなかったかも知れませんが、こちらではかなり大きなニュースでした。
新宿のゴールデン街ですね、行ったことないですけど、文人に好まれたりアングラ的なイメージがあります。
十三のここはもっと小規模で、2筋の狭い路地に密集した大衆性の強い酒場でいかにも大阪的です。
西口改札を出て通勤していたので、ニュースで映像を見たときはかなりショックでした。

御旅町ですが、当時は分かりませんが今は十三にその町名はなくて、
近隣の吹田市に西御旅町と東御旅町があり、すぐ傍に神崎川が流れています。
電車で行くとしたら、阪急京都線の上新庄駅か千里線の下新庄駅になります。
十三は梅田と同等の特急停車駅で各線の乗換え駅でもありますので、
もしかして乗り換えられたかで印象に残っているのでは、とも思ったりしています。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。